言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALSO SPRACH OWLCATO ふくろねこー、かく語り き 2011年四月(2)  本多敬

<<   作成日時 : 2011/04/14 00:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




1 思想・哲学


大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」(1965)を読み直している。芝公演の反原発デモのときに掲げられた、No more Hiroshima, No more Fukushima という呼びかけの言葉は、単なるこじつけではなく、ある一定の説得力があるように思ったから。以下、抜粋する。

「原爆をある人間たちの都市に投下する、という決心を他の都市の人間たちがおこなう、ということは、まさに異常だ。科学者たちに爆発後の地獄への想像力が欠けていた筈ではあるまい。それでいて、かつ、その決定がなしとげられてしまったのは、この絶望的に破壊的な爆弾が炸裂しても、その巨大な悪の総量にバランスをとるだけの人間的な善の努力が、地上でおこなわれ、この武器の威力のもたらすものが、人間的なものを一切受けつけない悪魔的な限界の向こうから、人間がなおそこに希望を見出しうる限界のこちらがわまで緩和されるであろう、という予定調和信仰風のな打算が可能であったからであろう。これもまた「人間的な力への信頼」にはちがいない。ヒューマニズムの強靭さへの依頼心の発動。これから自分が手ひどい打撃をあたえる敵の「人間的な力への信頼」、襲いかかろうとする犠牲羊のもっている、自分で自分の後始末をする能力への、狼の信頼。これは僕がヒューマニズムをめぐっていだく、もっともみにくい悪夢だ。しかし、これが単に僕の妄想にとどまると僕が考えているわけではない。」

大江の言葉はヒロシマに限定されたものではない。芝公園のデモのシュプレコールに、「原発はいらない!原爆はいらない!」というのがあり、説得力があるのだ
「人間的な力への信頼」の傲慢さとヒューマニズムの共謀関係。皮肉にも、原発推進者としての立場は、石原都知事を、彼が長年嫌悪してきたヒューマニズム的なものにかぎりなく近接させる事になったが、これは驚くに値しない。ポピュリスムとは常に、かくの如き「実弟的、可変的」な似非実体なのだから
では、反原発とナショナリズムとの組み合わせは不可能なのだろうか。勿論、あり得るだろう。しかし、このような組み合わせは、ナショナリズムの質の決定的な変化を伴なわずして起きるとは考えにくい。この点について、大江の先駆的な言葉を引きたい。革命後の中国の核実験に対するコメントに続く文だ

「中国の核実験にあたって、それを、革命後、自力更生の歩みをつづけて来た中国の発展の途上の頂点とみなし、核爆弾を、新しい誇りにみちた中国人のナショナリズムのシンボルとみなす考え方が行われている。僕もまたその観察と理論づけに組する。しかし同時に、それはヒロシマを生き延び続けている。われわれ日本人の名において、中国を含む、現在と将来の核兵器保有国すべてに、否定的シンボルとしての、広島の原爆を提示する態度、すなわち原爆後二十年の新しい日本人のナショナリズムの態度の確立を、緊急に必要とさせるものであろう。したがって、広島の正統的な人間は、そのまま僕にとって、日本の新しいナショナリズムの積極的シンボルのイメージをあらわすものなのである」(p147)

そういうナショナリズムはopened question開かれた問いであり、世界中の人々と分かち合うものなのだ。

No more Hiroshima, No more Fukushima !

In solidarity

・Wの「論理哲学論考」はラッセルの影がちらつくとはいえ、これを星飛馬の大リーグボール一号(父親の影響がみとめられる魔送球)と看做し、「哲学探究」を二号(真のオルジナリティー、消える魔球)の如く止揚された高い段階の思索と整理してしまうのは、風評より質が悪い。前期・後期は便宜上の区分

・スピノザによると、人間は想像しやすい物を「善」と看做し、複雑な物を「悪」ときめつけてしまう。人間の表象能力の限界からそういう事が起きる。「原発は長生き」や「原発なくして東京なし」という似非コスト計算の話は、想像しやすい物、即ち「善」に属する表象ゆえに、偽善家達の票を集めるのだろう


・「自然のうちには偶然がなく、全ては一定の仕方で作用する様に決定されている」、「偶然の事象とはただ人間の認識の欠陥」。と、スピノザは計算不可能な決定論を示唆していた。同様に、ペンローズは脳と原子の間の関連性を指摘しても、原子力との間の「切っても切れない関係」等と間抜けな発言はしない

・スピノザ「エチカ」は、十七世紀に、オランダのハーグとアムステルダムで書かれた哲学書。他者というものは常に、外部から到来し、実際にどんな人々なのか分らないけれども、最初にそういう他者を信頼することの大切さをスピノザは説いているように思う。私が愛する、真に普遍主義的な「運河」の本

・Corpus humanum componitur ex plurimis (diversæ naturæ) individuis, quorum unumquodque valdè compositum est(Spinoza;DE L'ESPRIT PROPOSITION13

・スピノザの多様体diversæ naturæ;人間身体は、本性を異にする極めて多くの個体ーその各々がまた極めて複雑な組織のーから組織されている。それら個体のうち、あるものは流動的であり、あるものは軟らかく、あるものは硬い・・・それらは互いに異なりあい、多種多様な活動力の共存をなす

・もう一点だけ、確認です。スピノザは驚くべき明快な結論に至ります。「人間身体を組織する個体、したがってまた人間身体自身は、外部の物体から極めて多様の仕方で刺激される。・・・人間身体は自らを維持する為に極めて多くの他の物体を要し、これらの物体から絶えず更生される」、と。つまり、私達はなんでも食べなければならないし、また、そういう欲望を持っているのだと。「外敵」(私が好きでない言葉ですが)は、食中毒みたいなものにすぎないと言っています。各自が努力して人間身体を保存すべきなんですね。ナショナリズム的な同一性の幻想は、スピノザにおいて、存在しません。彼の本が真に普遍主義的な「運河」の本であるゆえんです。



・素晴らしい・・・@ggyyaaaaMaimonidesの"دلالة حائرين"のアラビア語校訂を読んでいるのだが、綴りミスが多くてイライラする。どう頑張っても、「次の言葉を知るように。すなわち、アヌスである」としか訳せない所があるのだが、わたくしが間違っているのだろうか。




・スピノザは近代の民主主義思想の原点にいる人で、誰も重要な思想家と認めますが、しかし、哲学的な語彙で思想が語られているために、非常に難解な印象があります。とはいえ、実際はファンが非常に多く、中学生くらいから読み始める日本人が多いのです。ちなみに、大江健三郎はノーベル賞のお金で、スピノザを読んで生涯を終えたいと一時期言っていました。五百年前の思想家ですから、実際によく分らない事実が多いのは確かです。例えば、本当のところ、スピノザは何語で喋っていたのだろうか?こんなことすらはっきりしませんでした。オランダ語なのか、スペイン語かポルトガル語か、あるいはヘブライ語か、あるいはラテン語だったのか?と全く謎でした。ところが、この十年ぐらいの間に、スピノザの研究が画期的に進みました。アメリカのFree Thinker、ユダヤ人達の知的な貢献がありますが、ポストコロニアリズムの研究が大事な視点を提供したのです。最新のバイオグラフィーを読みながら、スピノザにアプローチしていくのが収穫があると思いますね。16,17世紀のアムステルダムの歴史を参照しながら、ですね、あと、思想家が関心を示した絵をみるのも、いいと私は思います。スピノザはフェルメール、ライプニッツはレンブラント・・というふうに、ヨーロッパ人はそういうイメージに関連させて思想を理解することができますね。ハイデガーはゴッホ、フロイトはダビンチやミケランジェロでしょ?

・「アムステルダムの運河」という言葉は、ユダヤ人コミュ二テイーセンターで聴講した、グレーニング(オックスフォード大の哲学教授)の言葉です。当時、地下鉄・バスの爆破事件で、イギリスのマルチカルチュアリズムが終焉してしまい、アラブ人に対する差別的反発が起きていたときの、講演でした。リベラルなグレーニング氏は、外部から到来し、実際にどんな人々なのか分らないけれども、最初にそういう他者を信頼することの大切さを主張したのは当然です。「運河」とは、信頼のエンジニアリングだ、と強調しました。(大変な勇気です。殆ど全員がユダヤ人の聴衆でしたから、私を除いて)。「運河」とインターネットには、興味深い類似性が沢山あると思います。誰がエントリーしてくるか分らないコミュニケーションのネットワークなのですから。比較する視点として、スピノザの話をさせていただきました。



1War machine and Nuclear power generation. What a nightmare! Everybody has begun to notice that State power is desperately out of control.

2,I don't think it needs to abandon the theory of State given by Hegel 's analysis as completely outdated. Mercilessness! (continued to 3)

3State is such an ontological independece of substance, that Hegel described in his Grundlinien der Philosophie des Rechts. (continued to 4)

4,It is a fantasy to think that one can constitute State based on personal intention, de bonne foi, vote box., as Marx had warned since 1848



1戦争と原発、民衆のコントロールから離れた、国家の力に皆が気がつき始めた。ヘーゲルの国家論は時代遅れではない。「欲望の体形」としての市民社会に対置される国家は、もはや多様の人間から成る共同体として、契約によって基礎づけられない。個人の意思に基づいて国家を構成できると思うのは幻想だ

2、xx氏がいい、とか、ΔΔ氏はもうダメだ、ΟΟ氏こそ総理に相応しい、という声がツイッターの内部でも徘徊する。だが、そういう期待は皆全て、幻想、すなわち、個人の意思に基づいて国家を構成できるとする幻想から、生じるものなのだ。自分の個人的な世界というものは、ひとつの幻想に過ぎない。

3けれども国家というのもまた、同じ様に幻想に過ぎないだろう。吉本によれば、疎遠な存在として現れる国家(=共同幻想)を認めるためには、「自己幻想」を否定しなければならない。反対に、「自己幻想」を大切にしようと思ったら、国家が押しつけてくる「共同幻想」を拒否しなければならない。・・・


4かくして、個人の幻想を守る立場は、国家と対峙すべきである、と問題提起された。吉本の主張は、簡潔に言うと、<パパーママー私>という三角形から成る、個人の幻想だけを守ろうとすると、その個人の幻想すら守れなくなってくるだろう、と言っている。国家と対峙すべきである、とするゆえんなのだが




・勝ちか、負けか?二元論の機械仕掛けが右巻きに作動する。食うか、食われるかを生き抜くゲームのルール?ゲームをあまりに狭く理解し過ぎている。テニスの壁打ちに勝ち負けがあるか?デモで缶を叩く抗議に勝ち負けがあるか?放射能を浴びても、家畜やペットに餌を与えたい人の心に勝ち負けはあるのか?


・スピノザによると、人間は想像しやすい物を「善」と看做し、複雑な物を「悪」ときめつけてしまう。人間の表象能力の限界からそういう事が起きる。「食うか、食われるかを生き抜くゲームのルール」?この種の質の悪い二元論も想像しやすい物、即ち「善」に属する表象ゆえに読者をひきつけるのだろうか



・MEMO;タウヒード(アラビア語表記:توحيد, トルコ語表記:Tevhid, ラテン語表記:Tawḥīdあるいは Tawheed, Tauheed とも)とは、イスラームにおける一神教の概念である。タウヒードの反対の概念は、シルク(shirk、多元性)である。(Wiki)

・MEMO:ユダヤ教との比較(1)ユダヤ教の場合の神の啓示の受け手はヘブライ人に限定される(選民思想)。黒田は、スピノザの聖書解釈による『神学・政治論』の足取りを用いることによって、イスラームとの差異を以下の文章で結論付けた。(Wiki)

・MEMO:ユダヤ教との比較(2)「イスラームのタウヒード論が提示している万象の等位性の原則は、創造者と被造物との関係を〈一化〉し、両者の間の隔たりを等距離に置くことによって、差別の規制を外し、現実世界の解釈に水平的な展望を与えている。万物が同等な存在の価値をもつというこの世界観は

・MEMO:ユダヤ教との比較(3)「...特権的な地位を享受する者たちによる専断が産出する、存在世界についての縦割りの構造化を阻むのである.Wiki

・MEMO:イスラム哲学の差異性(1)「神は創造にあたって、無駄な努力、重複を避けられた。したがって彼の創り出した被造物は、全てが差異的であるという理論を出発点に、タウヒードをめぐる議論においては、クルアーンのいたるところで散見される個の重要性について語る必要がある。黒田・Wiki

・MEMO:イスラム哲学の差異性(2)イスラーム思想史の概観をはじめに記述しておくならば、イスラームの特性を十分に考慮したカラームの神学と新プラトン派の色彩の強いギリシャ系哲学という2つの流れが存在する。カラーム神学の特徴とは、議論百出であった神学者の意見の収斂の結果として・・・

・MEMO:イスラム哲学の差異性(3)・・「万物の差異性」を挙げられる。この主張に従うならば、「万物は、分割不可能な部分、つまり最小の単位である原子から成り立っている。ところで、この原子は必ず二つの要素、つまり実体と偶性から構成されている。・・・

・MEMO:イスラム哲学の差異性(4)実体はそれ独自では現実に存在せず、それが具体的な存在となる際には一つ、ないしは複数の偶性を伴う。ところでその際特に注目すべき点は、一つの実体がそれぞれ必ず異なった偶性をとり、決して同じものをとることが無いという」(黒田)独自の原子論を展開した。

・MEMO:イスラム哲学の差異性(5)イスラーム世界において、全てのものが差異的であるという論理が基本となるのであれば、その経済的側面は、この世に一つとして等価のものは存在しないという事になる。だから、イスラーム世界の商取引は、伝統的に定価に基づく取引ではなく、交渉による取引が基本

・MEMO:イスラム哲学の差異性(6)イスラームが仏教やキリスト教と違って根本的に異なる点は、もともと、イスラームというシステムの中に商取引がシステムとして組み込まれている宗教だということであり、貨幣経済とは切っても切れない関係を持つのであるが、貨幣は蓄積の手段となりうるがゆえに、

・MEMO:イスラム哲学の差異性(7)あらゆるものを商品化した上で、等価性の原則に屈服させてしまおうとするのである。この論理に基づいていくのであれば、現在の経済システムは、確実に何らかの抑制が求められるわけである。Wiki

・MEMO:イスラム哲学の差異性(8)したがって、リバー(利子)や退蔵の禁止、投資はよくても投機の禁止がイスラームでは明確に意識化されるのである。その意識が具現化されたのが、イスラム銀行ということになる。(以上、Wikiより抜粋)



・「メディア上の人格が自分の生身の体とはまた別の身体として動き始めている」は、一考の価値がありますね。。「人間身体」とスピノザが呼ぶものは、生物学的・解剖学的に理解しても、新しい始点を提供するわけではありません。これを政治的に捉えて考えることができます。そうしますと、「人間身体」(スピノザ)は、個人とみなす根拠はありません。「人間身体」(スピノザ)は、群集と解釈できるのではないか、ここですね。実際に、ネグりチュードの思想家たちは、「人間身体」(スピノザ)とは、多数性=大衆、であると強調します。移民や外国人や失業者や女性や同性愛者などの他者を包括した、「人間身体」です。私はそれを、「互いに異なりあい、多種多様な活動力の社会的な共存」と書きました。このことを念頭において、もう一度をスピノザのパッセージを読んでみてください。目から鱗が落ちる、かな?どうでしょう!?「人間身体を組織する個体、したがってまた人間身体自身は、外部の物体から極めて多様の仕方で刺激される。・・・人間身体は自らを維持する為に極めて多くの他の物体を要し、これらの物体から絶えず更生される」、


・「神=自然」や「人間身体」という語で、スピノザは一体性を強調したかったんだと思います。マルクスはスピノザ的なマルクスは、「プロレタリアート」と言いました。勿論、産業労働者に限定された言葉ではありません。アルチュセールが、マルクスをスピノザに沿って詠みなおせ、と要求したのは、スピノザの、排除を一切認めないラディカリズムを評価していたからです。さらに、エコロジー的な意味で、まだ生まれていない将来の人々のことが含まれているはずです。ドイツの「緑の党」の設立に関わったジョセフ・ボイスは、ジェイムス・ジョイスをスピノザ的に理解していました。スピノザの影響は明らかです。



2 言葉・表現・本

・神話的リアリズムの手法で書いたらアイルランドのサルトル日記みたいな感じになり、甘粕を描いたものはイギリスの大杉物語になってしまいました

・脱領土化ノマドロジーなら、追放された孤島へ持参できる本のことを常に考えるものだ。地震と放射能汚染の進行で、現実味を帯びてきた?ゴダールの映画史、ジョイスのFW、ロールズの正義論、ボードレール全詩集か、論理哲学論考か。ドゥルーズの差異と反復は、彼が批判するWから大きな滋養を得ている

・英国人は-siveが好き?。BBCラジオのドラマをきくと、"mas-sive favor"という、イギリスっぽい表現が出てきた。masとsiveの間に、 気取った「間」があって、そういうのが好きなんだね。 dis-gustingも頻出単語。英国コンプレックスの皆さ~んへ送る言葉


・メモ;白川静は,甲骨文字、金文資料の吟味により、口(くち)と解釈するのではなく、「神に捧げる祝詞を収める箱」と解釈した。、口あるいは∀(サイ)を提唱して、口部を有する漢字の統一的な字義解釈を行った。古代中国が宗教的社会であり、漢字の成り立ちが密接に関係していることを明らかにした

・メモ;口あるいは∀(サイ)を含む字形について、白川静説の解釈例を示す。たとえば、「名」。白川静説によると、 子供が生まれた後、祖先に名前の使用許可を求める儀礼を行う際、祭祀用の肉(夕)とともに祝詞を収めた口あるいは∀((サイ)を用いることから


1ふくろねこの似非英語教室の再開ですよ。今回は白川静の辞統的解釈に寄り道します。彼は、口あるいは∀(サイ)を、口(くち)と解釈するのではなく、「神に捧げる祝詞を収める箱」と解釈しました。これと同様に、ジョイスの本、Ulyssesの「 U」にも面白い魔術的字義的解釈が成り立ちます



・ふくろねこの愚痴礼讃;間抜けというのは、さして面白くない。スプーンを口に持っていくかわりに、おでこの持っていくような人間のことで、こういう人間になにを言っても通じないだろう。例「原発と脳と原子力、じつは切っても切れない関係です」

・ふくろねこの愚痴礼讃;阿呆というのは、間違っているだけでは飽き足らない。間違った考えを強く声高に肯定し、主張し、みんなに聞いてもらいたがる。例「今回の原子力の問題について言うと、じゃあ、死者が出ましたか?というと、津波の死者と比較すると・・・報道の扱い方に問題があるのではないか」


・ふくろねこの愚痴礼讃;愚か者は結論を出したがる。馬鹿は動かしがたい決定的な解決方法に到達したがる。問題を永久に締めくくろうとする。しかし、その愚かな結論は日本社会によって説得力を持ってしまう。例「まだ原発で死者は無いのに、こんな批判されるのはおかしい。車の方が人を殺しまくってる」


・「キリストは神の子であるのみならず、母方からも名門の血を引く」という発言は、阿呆ではなく、馬鹿の領域に属する発言だ。「創世記」の視点からすれば本当だから。同様に、「金に価値あり」とか、「国と同じ東電の株は価値あり」は、ファイナンシャル・タイムズという聖書の視点からは正論かいな・笑



・kkkアナウンサー「好評の政見放送"党首にきけ"です。今日は、えー・・と、これは日本ヤバイ党とお読みしても宜しいでしょうか、ふくろねこ代表?どんなご政策でしょうか?」。ふくろねこ「はい、日本はヤバイんです。花匂う/節電の夜に/夜這かな」。KKKアナウンサー「あ、字余りですが・・」
・kkkアナウンサー「大変失礼しました。・・・ええーと、ですね、ふくろうねこ代表に、日本ヤバイ党の政策綱領をお伺いしていますが、視聴者にお分かり頂ける様にご説明いただけますか?」。ふくろうねこ「はい、私どもの目標は、社会的共通資本です」。KKKアナウンサー「夜這いは無しという事で」

・エリオット「四重奏曲」。も今日買って読みました。ヴァレリーの詩や、シェーンベルクの音楽のことを考えましたが、ジョイスのFWへ及ぼした大きな影響ですね。Inventing Irelandならぬ、Inventing Englandです、あの詩は。remembering the future

・Brutus主格, Bruti属格, Bruto与格, Burutum対格 Buruto奪格, Brute呼格だから、Et tu, Brute?はThou, too, Brutus?だから、ブルータスよ、お前もか?「地震起きたら原発へ逃げるのが一番安全」ignorant pig!


・イギリス人が詩をつくると、形容詞だらけになりますね・笑@Hatsuzawa @godard_bot ロラン・バルトは「形容詞は商品である」と言った。RT形容詞というのは状況を判断する為のものじゃありません。でもわれわれは今、形容詞によってものごとが定義される時代にいます(ゴダール)


・Japan makes it illegal to enter a 20km evacuation zone around the stricken Fukushima nuclear reactor
人類が滅んだ後、遠い惑星から来た宇宙人に、立入禁止であるといかに知らせるべきか?



・Le précepte même d'agir avec autrui comme nous voulons qu'on agisse avec nous, n'a de vrais fondement que la conscience et le sentiment.JJ.R

・ルソー;他人にして貰いたい事を他人にもなせ、といった教えも、良心と感情の他には本当の根拠をもたない。何故なら、この私が私でありながら、まるで他人であるかのように行動する正確な理由がどこにあるのか。自分が同じ様な場合に身を置く事など決してないと道徳的に確信している時、なおさらそうだ


・いつも公明正大で、温情ある語り口です。「シャウト」は起こり得ません。ルソーが「良心voix de la conscienceの最初の声」と呼ぶものが、その同僚のなかに生まれたのかもしれませんね。祝福したいと思います

・<こんな会話が銀座の高級バーで交わされていたりして>猿芝居が功を奏しましたな。お礼の黄金まんじゅうでございます・・・・これ、ちと声が大きいぞ。しかし、東電屋、少ないぞ、まさか、厚意に甘んじて努力を怠っているのではあるまいな・・・いえ、滅相もありません。国民負担の件、叔父殿に宜しく

・長年、(執筆者だけに)ご愛好頂いた「天声人語」は終了しますが、その代わりとして「痴声獣語」をお届けします。「ホホー、街宣車の鶯親爺に名前を連呼して貰い、自分は自転車乗って手を振っていた若い町会議員立候補者に、政策を語れ!とシャウトしたら、反省したのかな、公約を言い始めているニャ」

3 アート

・シェークスピアの真夏の夜の夢の様に、スピノザの課題は、コギトに奪われた力を自然に返せ!です。「人間的な力への信頼」に抗議した大江はスピノザを喚起します。絵を描いたら、日本人が好きなフェルメールみたいだったと思いますね



・『襞』だけ読んでいなかったんですが、大変有意義な示唆を頂きました。添付画像のイメージに感心しています。全てコンセプトはここにあるのかなと気がつきはじめています。@sekken_club(『襞』)or彼とバディウの関係などを扱うには《実無限》の把握が不可欠と思われる。因に添付画像は


4 映画・演劇

・嬉しいな...こんなに、ソビエト映画をやっている国はないとおもう、イギリスのBFIでも...去年に引きつづき、六月下旬からアテネフランセ文化センターで、20本上映予定のようだ。毎日行きたい...

・「リア王」等の実験精神の八十年代のCMで、中国系のモデルが脱いで下着姿になる映像を逆回し
で見せていたと記憶してます。ボードレール的?モマで観た人の話によると、女性のAmourというナレーションに、(期待はずれの)お爺さんの観客が Amourと叫んでいたとか

・シャブロル「引き裂かれた女」la fille coupée en deuxを鑑賞。労働者階級の家族を描いた英国テレビドラマ(East enders)の影響がフランス映画に及んでいるという。ヒロインの天気お姉さんは庶民的。ピアニストの男優との共演・・・おいおい、デ・ニーロが現れた!

・「引き裂かれた女」は何か?何によって引き裂かれたと主張するのか?チラシを一瞥すると「愛を追いかけ、愛しすぎて狂っていくヒロインのサスペンスフルな恋愛劇」・・・う、ヘドニズム。映画のアイデンティティーは、こんなテレビ植民地主義のヘドニズムと本のピューリタリズムの間に引き裂かれている


・登場人物のブルジョア御曹司の名前がある人物の父の名前に類似していることは、やはり無視できない。作家シャルルに於ける、セックスと美食の快楽主義と、田舎に隠遁したストシイズムは、ゴダールを喚起する、と指摘したら、意外だろうか。若い頃自殺の衝動を避ける為に性的放逸に溺れた事は察しがつく


・都会派ユダヤ人のステレオタイプは現実逃避?だからこそスタイリッシュでデガダンスだ。毒舌ジジェク曰く、「サウンドオフミュージック」の中で、制服フェチのナチスはユダヤ人的、(観客の共感を呼ぶ)自然に生きる田舎者はナチス的姿なのだ。自然派?野球監督のCMも倒錯、反原発の宣伝と間違えそう


・吉本が擁護する個人幻想の領域(対幻想)は所詮、異性愛的家族主義で、同性愛者差別の言説と思います。ゲイの都市ロンドンでそれに気がつきました。皮肉にも、戦時体制の個人主義だと思いますー社会連帯を憎悪した@honobono2009吉本隆明と同様..個人主義を左翼と誤解した国内の映像業界

・日本の演劇では、女性が皆幽霊か大地の母になっちゃうんですー男性の幻想がつくる卑弥呼ですね、詩人の吉本は共同幻想論でそういう演劇を見事に書いたと思います。対幻想は国家との対峙によって消滅すべきですが、そうでなければ、私達は、男性中心主義の非占領地帯にいます


以下、なるべくざっくりとした書き方をようするにします。もともと入会地であった森林を、明治政府が官有地にしたため、山梨の人々の愛林の感情がきわめて低下し、盗伐や乱伐が起き、さらにそれを隠すために放火までするということがあったため、山が荒れに荒れ、大水害が起きる原因になったのです。D
軍縮と郷土部隊の存置運動の歴史から、見えてくるものは何でしょう。地方のエゴ? 「草の根の軍国主義」? 「民衆の戦争責任」? 軍国主義という構造? 何が見えてきますか? 

大島渚「愛の亡霊」。マルクスの記者時代の問題意識を映画化した作品と思うのですが、明治政府が最貧民達の落葉拾いの権利(入会地的な権利?)を収奪して、彼らを都市プロレアタリアート+兵隊の源泉にしてしまう背景を物語っていました





5 自然

・Spinoza calls God Natura naturans, or "naturing Nature" - the active, eternal, and immutable dimension of nature. スピノザの"自然"は不可視 invisibleなのだ



・ Penrose uses a variant of Turing's halting theorem to demonstrate that a system can be deterministic without being algorithmic. Penrose believes that such deterministic non-algorithmic processes may come in play in the quantum mechanical wave function reduction., and may be harnessed by the brain...Pnrose does not hold to any religious doctrine,and refers to himself as an atheist. ( from Wiiki

哲学の地平ある意味,幼児的な場所にあるような気がしていますー>大変示唆に富んだ洞察ですね。感銘を受けました。島田さんは本当は、スピノザだったのではないでしょうか。おっしゃるとおり、探求の徒、ふくろねこは、まだ七歳のままです。Ugayaさんはお会いしたことがありませんが、たぶん、3歳ぐらいかな・笑。わたしたちのなかの幼児的な場所というテーマに関係があるはずですが、遠くのものを近くに、近くのものを遠くに関連づけるのは、レンズの働きと思います。ご存知のように、スピノザはアカデミーを嫌って、レンズ磨きで生計を立てました。スピノザの思想の中に、レンズ的な視点の意義を見出せることは、決して偶然ではありません。フロイトの精神分析の視点、シュールレアリズムの内的リアリズムの視点、これらは全部が、Spinozaにおけるレンズ的思考の継承、と私は思います。かれらは幼児的な場所の意義を探求した人々です。


6 身体

・BBCRadio3はクラシック中心の放送番組だ。音楽をききながら朝食をとる。こちらは始まりの朝だが、あちらは終わりの夜。最近は、インド系やアイリッシュ系の民謡音楽、日本の国籍不明な音楽、黒人音楽やジャズ、サイケ系の音楽等がかかる。乏しい労働意欲は不意に流れきた中東の調べで彷徨う






7 外国

・カタカナで覚えた世界史の固有名が外国で通じず、愕然としました。例えば、ツァラですが、英語読みは、ザラスートラと発音しなければなりません。アリストですは、エラスタートル(こんな感じ)です。ミケランジェロはマイケル。そんな苦労も、笑える様になりました

・マドリッドでピカソ「ゲルニカ」に感激して、車で四時間走ってバスク地方の村を目指した。緑と茶色の風景、沢山の風力発電機。博物館では、ゲルマニカでの爆撃をヒロシマと比べていた。和解をテーマとした展示もあり、IRAに共感を持っていた。チョムスキーが敬愛するフンボルトはバスク語研究者だ

・ル・モンド紙は、ブッシュ主導のイラク侵攻に反対した。「米国は戦争に負けろ」とフランス世論の声を紹介し、イラク民衆の写真を示した。民衆が自分の力で勝たない限り、外国の反戦の声はあてにできないとメッセージを送った。今後原発問題の解決も、外圧?外国メディアの特権的良識に頼る事はできない



・福祉が貧しいアイルランドとイギリスですと、老人は、なかなか病院にも行けませんし、結局、自分で活動力を収縮させていって、自然消滅なんですね。子供たちも、老いた親達をそのまま放置してしまう感じです。ちょっと残酷ではないかと思うことも時々ありました。それと比べると、日本のお年寄りは、元気な方が多いと思います(もちろん、全員とは言いませんが)。なかには、永久に生きていたいと願う方もいらっしゃるようで・笑。ただ、日本の場合、残念なのは、年寄り同士とか、若者同士で固まっちゃうでしょう。フランスやイタリアなどのラテン系の国は、若者と老人とが一緒に群がっていますよね。十人ぐらいの仲間ですと、色々な年齢層で結びついていて、テーブルを囲んで一緒に日本食を食べています。あれって、とても羨ましいなと思います。結局、日本の場合、年齢別の所属意識のような壁がありますね。ダブリン時代、初歩のサンスクリッド語を教えてくれる土曜学校にいきました。変わり者が5人ぐらい集まりまして、若いのは十代、お年の方は七十代がいました。七十代の方は知識はあるんですが、もう発生器官が退化して、母音の発音なんかが皆一緒になっちゃうんです・笑。十代のおにいさんと、仲良くやっていました。「ジョン」、「デビット」とファーストネームで呼び合って、昼からビールを一緒に飲むます


・アラビア語は全然読めないんですが、それは、Dalalat al-ha'irinのことなのでしょうか?@

@ggyyaaaa 早速お返事、どうも有難うございました。大感激です!スピノザはMaimonidesからの影響があると指摘されますが、ヘブライ語とアラビア語の両方で書いていたのは大変重要な話だと思います。ロンドン時代の、愛国的なユダヤ人の友達は皆、その事実に衝撃を受けていました。

・Maimonidesの"The Guide for the Perplexed"のアラビア語"دلالة الحائرين"は日本の大学の図書館にあるけど、Ibn Tibbon以降のヘブライ語訳"מורה נבוכים"が何故かないんだな。




8 東京


・「脱」か「反」か?反原発といっても、五十基以上存在しているから、事実上脱原発の選択しかないが、ただ「脱原発の為に原発増やせ」と石原が演説しても私は驚かない。生態系の変化の中で、十年経った時、反原発の"妥協のなさ"が必要だったと後悔するかもしれない。民主も長年、脱自民だったんだよ


・Sellafield原発。知的障害者オリンピックの開催の年、私はアイリッシュと共にマンデラをみました。勿論マンデラを呼んで来た人は・・U2-The Fly - Stop Sellafield http://youtu.be/YqdXYEvHo0

・十六年前のことですが、アイルランドに到着した翌日の新聞の一面は忘れられません。イギリスの原発の影響で、対岸のアイルランドの地域で、奇形児の赤ん坊が多く誕生していると報じました。中絶禁止の国ですから、非常に深刻なんですよ

・環境省の試算によると、固定価格買い取り制度など震災前に政府が決めていた普及策だけでも、風力なら日本全体で約2400万〜1億4千万キロワット分を導入できる。仮に、稼働率を24%と仮定しても、出力100万キロワットで稼働率85%と仮定した場合の原発約7〜40基分に相当する、という


・二十世紀初頭、ダブリンのカトリック教会は、愛国的なビジネスマン(日本のサラリーマンに相当)を信者としてゲットすべく、世俗的なキャッチフレーズを考案した。例えば、現世での善と悪のバランスシートが最後の審判で審査される、と説教した。元会計士の経済評論家も、そんな宗教的な確信に過ぎない


・歴史は繰り返されるー一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。原子力資料室の記者会見は、フリージャーナリストと外国人記者が出席した悲劇だった。今回の原発推進派の謝罪記者会見は、フォロワーの方によると、原発容認派の外人記者ばかり。東電の広告費、マスコミ対策費がお詫びしている?茶番ダン



・ Ecomium moriae
Le stupide ne se contennte pas de se tromper. Il affirme haut et fort son erreur, il la proclame, il veut que tous l'entendent.
Example;"We are pained by the dead person of the tsunami.Then, as to the problem of nuclear power, did a dead person appear ? It is unfaire for mass-media to criticize nuclear power!"(a famous neo-liberal economist, pro-nuclear power)


・ Ecomium moriae
L'imbècite veut parvenir de lui-même à des solutions péremptoires et définitives.Il veut clore à jamais une question.Example;""Think that there is not yet a dead person by nuclear power generation. What is criticized to nuclear power is very strange". A car keeps killing million person" (a famous businessman, neo-liberalist ideologist, pro-nuclear power)


・ Ecomium moriae
Le crétin ne nous intéresse pas.C'est celui qui amène sa cuillère vers son front au lieu de viser sa boucher.Example;`a brain and atomic energy, they have closed relations each other` (a famous opportunist scholar of brain science, pro-nuclear power)



・ ニューヨークのフェース・ブックの友達からの警告;Surveys are brainwashing people... On the account of government and nuclear enterprises 原発「増やす・現状維持」56%は多いが、本当だろうか?

・ ゴダール曰く、To be, or not to be: that is NOT the question, but to have, or not to have, that is the question! 世論調査。原発「減らす・廃止」41%、原発「増やす・現状程度」56%Only 11% think it must be abolished





I see...my Irish friend worries it ;the official data is constantly behind the curve of what is really happening on the ground.

・フェースブックのアメリカ人からの手紙「下請け労働者のグループが日本の原子炉内部で働く。何名かは原発奴隷である。技術的知識が与えられる事はなく、国際協定で認められた最大値の1万7000倍の放射線を浴びている。慶大の藤田教授によると、700−1000人の原発ジプシーが死亡したという」

Dr. Fujita, a professor of physics at Keio University,says 700- 1000 "Nuclear gypsies" died already and thousands are suffering from cancer.

・脱原発訴え、都内で五千人デモ行進。思い出すと、米国主導のイラク侵略を反対する十万人がダブリンで集まったときは、地面がみえない程の群集だった。G20ロンドン開催反対は四千人だったが、世界資本主義の象徴、英国中央銀行の広場を占拠したから、全世界が震撼した。東京発信の脱原発も頑張ろうぜ


9 分類できないもの、役に立たないもの、無駄なもの

・アイルランド滞在中に他界した父は、元大蔵官僚で、名刺には「一高」0B、「大蔵省」OBと刷ってある名刺が常に紋章のようなものでした。八十年代後半にバブルが崩壊し、大蔵省がマスコミと世論の非難の的となったとき、父の同僚たちのなかには、大蔵省という言葉の無い名刺(例えば、国税局OB)を作る者が出てきました。入院中の父も、そういう名刺を作るかどうか、相当に悩んでいたことを思い出しました。(秘密に、作っていたかも知れません)。鳥賀陽さんがご指摘なさる通り、、「××省であること」は彼らの職業的、あるいは全人格的アイデンティティの一部になっていますから、そういう「大蔵省」無き名刺を作ることは、自分のアイデンティティの一部を否定し、自分の肉体の一部を断つような苦痛だったことは確かです。あの国家の中の国家を誇っていた役所はついに、「財務省」という名前に変更させられてしまいました。ちょっとしか関心がない事柄ですが、現在の「大蔵省」は、そのような集団的な「分離不安」から立ち直っていないのではないか、ということがあります。ポプュリストの政治家達から猛烈に攻撃されている中、組織を守ることが精一杯で、自己定義の見直しをおこなうのは容易ではないでしょう、内実はよくは知りませんが。この話には、役に立つ結論はないんですが、ゴダール曰く、To be or not to be ; that is not the question.To have, or not to have , that is the questionと。つまり、「であること」よりも、「持つこと」が、私達にとって大切にすべき問題だ、と言っています。例えば、スピノザはより多くの能力を持つ者は、より幸福だ、と言っていますが、私の場合、絵を描く能力、詩をつくる能力、ことばを教える能力を持つことが大事なことです。 「であること」の世界の住人を明示する、小さな四角形の紙のなかに、登録などされたくありませんー決して。そういうのは全部、国家主義の死の巣と思いますね 


・六ヶ月目のツイッター白書;反主流を行くツイッターも、原発に関しては、賛否両論の半々に割れている。脱原発派五百万人の1%が街頭を歩いたらどんなに素晴らしいことか!参加できない反対派の人は、デモ出発時間に音を鳴らそう。自転車のベルを鳴らす、缶やコーヒーカップを叩く。車の警告音を鳴らす



・地球規模の生物的環境危機は、私達の知性を磨いてくれます。安楽に眠る夜がありません。英語の堪能な商社マンや大学の先生は外国人の心を動かすことができません。TLの、普通の人々の言葉って凄い。皆が自分の考えを外に発表する時代です。堪能でなくとも、英語で書いて行く人が増えていくと思います

・「英語の堪能な商社マンや大学の先生は外国人の心を動かすことができません」と書いたのは、ビジネスマンはビジネスマン、学者は学者に語る言葉を持っていますが、それが、外国の普通の人々に向かって語りかける言葉の模範となるべきだ、とはいえないという意味です。あしからず、誤解がありませんよう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ALSO SPRACH OWLCATO ふくろねこー、かく語り き 2011年四月(2)  本多敬  言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる