言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 異文化体験 −アイルランド編

<<   作成日時 : 2011/06/04 19:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・誕生日と重なっているから試験日を変えて下さいと頼んできた学生にブチッと切れたら、あなたは日本人です。国立大学のアイルランド人のお偉方は「大変だ、彼の為に一日特別試験日を設けろ」と命じて来た。誕生日はsociability社交性を重んじる文化にとって一番大切な日だから、と。ドーン

・アイルランド人の十八番?flexibility柔軟性に関係したことなのだと思う。日本人が自らの長所と思っている、coherency一糸乱れぬ協調性は、彼らがみると、軍国主義の規律主義の欠点に過ぎない。日本人が努力すればするほど友達を失う理由は、このギャップに存するのかな?



Hiro Watanabe ;

でも西洋的柔軟性柔軟性とか、OPTIONのありすぎって、すこしまちがえば、わがまま個人、"Me-me-my-lism" を助長しやすいとおもいませんか? 僕は米国にすんでますが、ときどき、”なんでそんなに”とおもうことが、おおいです。

本多;

アイルランド的柔軟性ⁿに触れてしまい、癒やしの旅に来た、先祖ルーツ探しのアメリカ人たちは皆、神経いためていました。こ、こんないい加減な国から、自分の先祖が来たとは信じたくありませーん、と・笑。わがままな個人主義者ではないですね、アイリッシュは決して。北のラテン系気質と言う人もいますが、イギリスとのシビアな闘いのなかで埋め込まれたDNAのようなものでしょうね。coherency一糸乱れぬ協調性だと、かえって、支配されちゃうんですよ。街の公衆時計は皆、時間が違うんですよ、アインシュタイン特殊相対性理論みたいでしょ?


Hiro Watanabe;

なるほど、歴史的呪縛がかれらのじかんとひかりにスパイスをともなっていると。DNAのなかに十人塗色ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
異文化体験 −アイルランド編 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる