言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS In praise of...FREEDOM 自由をたたえる - 脱原発の本当の意義   本多敬

<<   作成日時 : 2011/07/14 10:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

In praise of...FREEDOM

The part "should" in the sentence "One should stop a nuclear power" is understood according to the category as a concept of regulation. If it were seized too much with his/her interest such as "electricity is not enough", it would be difficult for it to arrive at the gate of "Idea" of "Freedom". It is only by a human being that the Idea of "Freedom" is realized in "Nature", his/her "Sensibility". - T.H

「原発を止めるべきだ」の中の、「べき」の部分が、カテゴリーに​よって理解される、「立法」の言葉である。「電気が足りなくなる​」という現在の利害関心に囚われすぎると、この「立法」が、「自​由」という理念に到達することが困難となる。「自由」の理念は、​人間によって、「自然」の中に現実化される


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
In praise of...FREEDOM 自由をたたえる - 脱原発の本当の意義   本多敬 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる