言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大江健三郎が指摘した、この国の知識層の「遅れ」は何故生じるのだろうか? 脱原発の世界の声に遅れている

<<   作成日時 : 2011/08/23 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0



大江健三郎が指摘した、この国の知識層の「遅れ」が、なぜ、生じるのか?これは一考に価する。恐らく彼らは暗黙にこう思っているはずだー原発が危険、危険と叫ぶのは、安全神話と同じくらい危険神話ではないかと。が、完全な計画という幻想に対して、異議申し立てをしている脱原発の声を理解していない

この国の知識層の「遅れ」とは、大江が指摘した、世界の声である脱原発の意思表示を明確に打ち出せないことをいう。完全な計画という幻想に対して、異議申し立てをしている脱原発の声を、彼らは理解できていない。原発が危険、危険と叫ぶのは、安全神話と同じくらい危険神話に属すると考えているのかな?

安易に原発推進派に組しないとはいえ、この国の「知識層」が、"原発が危険、危険と叫ぶのは、安全神話と同じくらい危険神話だ"と疑っているとしたら、それはお上の認識と変わらない。安全であるか安全でないか、どちかかであるべきとする無矛盾性は証明不可能な事柄なのにーゲーデル第二不完全性定理の復習

原発輸出というのは、拷問と同じ、そのまま人間性を否定した暴力である。拷問によって、拷問される者は恐るべきアパシーに陥るが、同じ効果が拷問者に及ぶとされる。原発を押しつけられる民衆の人間性を殺戮してしまうだけでなく、拷問者である、原発を輸出する日本人の人間性を崩壊させてしまうだろうよ


Tout parti vit de sa mystique et meurt de sa politique (Péguy) 政党は自らのミスチックによって生き、自らポリチックによって死ぬ。(前者は総ての原点にある人間の原初的な力、後者は、その原初的な力を忘れて、少数者の利権にふりまわされる人間不在の力)




Kenzaburo Oe pointed out "a delay" that is characteristic of the Japanese intellectual that cannot decisively raise their opposition to the nuclear power generation.
The Japanese intellectual fail to understand the voice of Anti-nuclear movement against the official story telling its the absolute complete program.If the nuclear disaster teaches us anything, it is that a perfect safety system is unattainable.
it's worse if the Japanese intellectual think that there is sort of a myth about the safety of a nuclear power plant around the protesters of Anti-nuclear movement, and that a myth about the danger of a nuclear power plant is as groundless as a myth about the safety of a nuclear power plant



BIG SHAME !

Japanese should take it more seriously that the commercial business of the nuclear power generation export, the Government is now planning to the future, is just violence, the same as torture. Put people to the torture. Frantz Fanon pointed out a terrible reciprocal effect in it ;the person tortured falls into the dreadful apathy, then the same effect is extending to the torturer (as in the careful reading on the Camus' Etranger). Now think it! The nuclear power generation export results in not only the serious degrading the dignity of life for the people imposed to accept the transaction, but also the massacre of human nature of Japanese people as pledging in Japanese Constitution to live forever in harmony with the other Nations in the international community.





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大江健三郎が指摘した、この国の知識層の「遅れ」は何故生じるのだろうか? 脱原発の世界の声に遅れている 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる