言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私は抗議する ー 東京と大阪で起きていることについて    

<<   作成日時 : 2011/11/28 09:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0



言葉は単なる内省の観念ではありませんーEt arma et verba vulnerant武器も言葉も人を傷つけるからです。政権直前ナチスがユダヤ人と障害者に対して攻撃した様に、東京と大阪のポピュリズムは、外国人や在日等の少数者達をスケープゴートにする。現実に他者を破壊していることに気がついてください。他人の喜びと共に喜び、他人の苦しみと共に苦しむ、これこそが、人間にとってもっとも素晴らしい生き方ではないでしょうか。

Word is not belonging to an order of idea because , as said in Latain "et arma et verba vulnerant", not only weapon but also word actually hurts a person. I protest that right-wing populism in Tokyo and Osaka are attacking the minority groups as immigrant and foreign resident in Japan.Why Japanese voters cannot clearly see that the minority groups are being seriously destroyed by the effective scapegoat under the bad nationalism ?
As Einstein suggested, enjoying the joys of others and suffering with them - these are the best guides for man 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
私は抗議する ー 東京と大阪で起きていることについて     言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる