言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 千年以上この頂から俗界をみてきたサルの気持ちになって短歌をつくる

<<   作成日時 : 2014/08/16 00:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0



ホホ〜、昨年末京都で一番感動したのは、山のサル君たちをみたとき。ぽかぽかした天気で、中には、背中の虱を相棒に取り除いてもらって目を瞑っているサルたちも。千年以上この頂から俗界をみてきた。繰り返し「人間どもはなんて馬鹿な営みを行っているのだろう」と嘲弄ニャリka?サルの気持ちになって短歌をつくってみたよー



天皇と寺社貴族と背の虱
山猿たちの
見えるかぎりの




https://www.facebook.com/photo.php?v=10204208169382026&l=3984753724493232500

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
千年以上この頂から俗界をみてきたサルの気持ちになって短歌をつくる 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる