言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS twipicの文保存 (6)

<<   作成日時 : 2014/09/06 10:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・ James Joyce wrote Dublin. "Realism" depicts the subject; "Individual versus Society". By "Realism" one never understands his book. Because Ireland, unlike France in 19 th century, has no such a systematic substance coherent called "Society". "Dubliners" is therefore kafka-ésque, an opened text, porosity.The post-colonialism- approach is an indispensable condition for reading Joyce, the historical context of text.The study of the contemporary theatre of Ireland leads to a good cognition of the significant importance to invent Joyce's text as an opened question

・戦争において、我々は道具世界の中を歩いているが、実際はそこは瓦礫の中である。物から微かな媚態を感じ取るその瞬間に、たちまち、そのような人間的な意味が消失した世界の儚さのなかに佇んでしまう。つまり、途絶えることなき幻想の反復。(サルトル)

・大島渚「日本映画百年史」;私は、過去の日本映画は、戦争、貧困、そして家と社会の​封建性の被害者である、民衆の意識にひきずられすぎてい​ると考えていた。民衆が被害者意識を持つのは仕方がない​。作家までも持ってどうする。作家は人間が自由になる道​を探すべきではないのか。たとえ苦しくとも、たとえ傷つ​くとしても

・「遅れ」の戦略によって、知識人達は、テクストの自己完結した世界を脱中心化してきた。中心に赴く幻想を解体し、テクストと主体との倫理的関係を問うてきたーこれは知識人の責任だから。日本の知識層は安泰に「遅れ」るだけー原発依存のテクストを脱構築せず

・ユダヤ的なシンボルで描いた本居宣長・・・

・ アイルランドの一望監視方式監獄

・Anti-G20 London 三年前のG20反対のデモでは、ロンドンのシティーの中央銀行前広場で四千人が抗議しました。万の数の警察官が八時間包囲してきましたが、その間、挑発に乗らないため冷静になるべく、道に絵を書く人、詩を朗読する人、寸劇する人が大勢いました

・パレスチナの子供達

・アイルランド時代のスケッチ

・ ロンドン時代のスケッチ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
twipicの文保存 (6) 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる