言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS twipicの文保存

<<   作成日時 : 2014/09/06 09:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・No.1 drunkard [p・o・e・m] x [E・X・I・L・E]

THE APOCALYPSE OF RED OCTOBER COOKIES

by takashi honda

A spectre is haunting Europe – the spectre of Red October cookies.
All the representational power of old Europe has entered into a holy alliance to exorcise this spectre;
The Impressionist and The Expressionist and even Cubism obsessed with shadow of substance.

Red October cookies have nothing to lose but their chains.

But do they have a world to win?
Our only mistake was then to imagine that it was a beginning that Meyerhold hadn’t been murdered
That Pravda Kino hadn’t been covered in mud
That the revolt of battleship Potemkin were continuing when really they were weakening.
On the eve of the crisis, the bourgeois, with self-sufficiency that springs from intoxicating prosperity, declares,
History to be a vain imagination.
They say;noney was alone moral.
Now bombing is moral. TNA, there is no alternatives!
And the cry is everywhere.
In the public square there are piles ofwomen’s skeleton
Krack! Kracle! Kruh!Inside of the militant house of State
Money is sucking the equivalent form From the Gold, the Red October Cookies.
And its greedy patriotic dogs gnaw in the streets the skulls of violated girls

No.2 drunkard [p・o・e・m] x [E・X・I・L・E]

THE SEA DRANK ALL THE WAVE THIRSTY ?

by takashi honda

How ? How could the formless thing quickly crush the solid thing?
How could the low thing easily topple the high thing ?
How could the light thing shake harshly the heavy thing?
On 11th March 2011, the tsunami happened like this

But why? Why did the flowers at the bottom of the glacier shiver so sadly on the day?
Because inside of the frozen petal, the white light folded itself over.
No, it did not.The truth is that the mother lost her newborn baby
The tsunami swayed away
The baby boy she had had within her arms.
I have not seen people wandering in such a wayIn the demolition debris.
Even after the tsunamiThe light can never reach in any placesAnd is only coming to an indefinite boundary.
It has only fallen down to the gropingWithout waking up...nightmare

The sea drank all the wave thirsty ?

Only the place of memory
Nourishes the human's love
In between pain and healing
A faltering voice of children
Crossing the rubble
To the song at the graduation ceremony
The reciprocal knot
Must extend if the suffers will save
For the other in return

No.3 drunkard [p・o・e・m] x [E・X・I・L・E]

DRINKERS OF THE WIND

by takashi honda

Why have I got drunk that much? I has been drawn into an argument.
I promised that I would not argue !
Self-imposed exile...
My sense of touch is as omnipresent commonness as theirs
Coming from the universe shrinking infinitely .
To a neighborhood. It feels in me the inside of the hand
How sweet the innumerable meteorites collided each other In the beginning of the Universe.
Our hand is single book
Connected to the whole history of lovers, even if the protoplanet couldn't unfold its respiration at once.

The author refrained from whispering during work
Because he wanted to embrace his book filled with ones of the exile.
Echo to the drunkard poem of the grass, the indignation

To draw the sun,
One has to draw the others .
So I am the sun and the black sun, crack,
An adverb, a stray lamb, gold, fury, scattered c+

The shining good intentions was cruelly emptied
By the darkness of spell.
Then the rule of game has changed.
Water of humiliation and hatred slowly permeated
Since the sun was replaced by a gold ring expanding infinitely.

Now It begins with table It could be a chairIt could be shoes
But I always returnTo this broken mirrors
Oh! Tranquillity of decomposition

Wandering
Around My land, I can be anywhere in it
And still not be of it

Here is a room of desert ?

Why have I got drunk that much?
I has been drawn into an Argument.
The beast in speed, swift to attack,
To flee, to turn...pfft
Anger. We have lost the grass, imagination.
To the exile, grass is the only way out.
The grass is as furious indignation
As the protoplanet, our hands, universal voiceless voices,firm as a rock , swept down by the torrent.
Wind. Beyond the boundary
Flame in prairie running to any place in the world


便利ファシズムのこの国で、反証なき理性の安眠を貪る駅ビルアンの呪縛を解こうと、Epicurean Travelと命名した今回の旅は、ジャーナリスト的にと形容するのは無理無理でも、浮気調査の街の探偵ぐらいのつもりで行って来たよ。確かにオルランドの存在感はロンドンでも感じ取る事ができたね

サイードの「知識人」の定義は、ジル・ドゥルーズの「欲望機械」(ここでは、「主体」と言及されている)に負う。以下、参考文を示しておこう。まずは、ジル・ドゥルーズの「欲望機械」

This subject itself is not at the center, which is occupied by the machine, but on the periphery, with no fixed identity, forever decentered, defined by the states through which it passes.

次に、サイードの「知識人」
to be as marginal and as undomesticated as someone who is in real exile is for an intellectual to be unusually responsive to the traveler rather than to the potentate, to the provisional and experiment rather than the authoritatively given status quo. The exilic intellectual does not respond to the logic of the conventional but to the audacity of daring, and to representing change, to moving, not standing still.


・Qu'on ne dise pas que je n'ai rien dit de nouveau; la dis position des matières est nouvelle. Quand on joue à paume, c'est une même balle dont joue l'un et l'autre, mais l'un la place mieux. j'aimerais autant qu'on me dit que je me suis servi des mots anciens. Et comme si les mêmes pensés ne formaient pas une autre corps de discours par disposition différente, aussi bien que les même mots forment d'autre pensées par leur différente disposition. (Pascale, "Pensées")

(かのパスカル先生の言葉を、ふくろうねこ風に訳すと・・・)

・おいらが、なーんも新しいことは言わなかった、などとは言わせないよ、ボケ。内容の配置が新しいんだからさ、わかるじゃん。ジュー・ド・ポーム(テニスの一種)をするときは、あんたとおいらは、同じボールをつかって、ラリーをするでしょう。んで、おいらのは、めっちゃ、いい球を送る一
だから、打ち合いのときの玉たまちゃんのように、古くてもだ、言葉の方も、「ナイスショット!」とおいらに言って欲しいんだな、そこんのところよろしくー


・20世紀精神史の総括;ドレフュス事件からスペイン市民戦争・第二次大戦までの「西欧」。それから1970年までは、「ヨーロッパ」(但し、ヨーロッパ中心主義ではなく、植民地主義を反省した多文化主義としての)。それから今日まで(2012年)は、新植民地主義の復活を背景とした、多国籍企業のグローバリズムと、ネットと、マルチチュードの時代。鍵となるのは、コモンズ(共通のもの)という概念。即ち、commonwealth


・"This world is not the right path, then shall I ride raft to
the sea Tokai ? (the text of Analects of Confucius ;Kong Zi )

Note; Kong Zi suggests that it is better for him to set out to sea "Tokai" than to stay the country in a state of disorder. Kong Zi thinks it right to leave the troubled times. Rather it is wrong and impossible to remain as his subject working under the king"君主" sillily straying from the right path in the country in a state of disorder. Mr. Koyasu says; the aphorism is just striking. Japanese has ever justified any ridiculous thing only for the sake in the interest of their State? (How can the government construct more 50 nuclear power stations in Japan ignoring the earthquake ?) Awfully, State is always standard of justification.Leaving the country is simply regarded betrayal so that thought of the exile cannot be acceptable in Japan.Unbelievable, no sympathy to the exile of the neighboring country. Mr.Koyasu warns that Japanese Intellectuals are very indifferent to the exile from China.

・ My oil painting work (takashi honda);riverrun

・精神というのは、全体を少しづつしか知ることができません。ところで、絵画の高級文化であれ、映画の大衆文化であれ、どんな対象にも、精神は、歴史を見出し,これについて熱心に語ります。記録化の欲求とは別に、現在自分達がどんな時代に生きているか知りたいとする強い人間的な欲求を、精神はもつからでしょう。
ちなみに、映画といえば、ニ十世紀に、現代の想像を重んじる時代に産声をあげました。ところが、この映画というやつは、二十一世には近づくことはなく、それどころか私達に逆らってむしろ遥か遠く過去に赴き、17世紀の普遍主義的全体の美に訴える古典主義の時代に位置しているように思えます。私達は映画を見捨てたのではなく、実際は逆です。映画は私達を愛さなくなったのです。

・都市において血と飯で結ばれた〈抵抗する共同体〉ー洪成潭(ホン・ソンダム)のひとがひとを呼ぶ世界  

〈光州〉がわたしたちにもたらしたもっとも大きな教訓は、
都市において血と飯で結ばれた〈抵抗する共同体〉が実現したことだ (洪成潭)

絵は展示場で展示しているだけではただの骨董品。絵は生きて動く。必要となる現場に行く。デモのなかにも行く。そうでなければ生きた絵ではない。動く版画とは蘇る生きた文化のこと。いま福島こそ生きた文化とならなければならない。光州は棄民政策だった。同様に福島はその様な棄民政策である。三十二年という時間をこえて、光州は福島のもとに蘇る。演劇の空間と俳優達の詩の朗読によって、光州コミューンが福島に誕生する。福島は光州のもとに生きた文化と成る。福島は即ち光州。しかし現実に、福島からは光州がみえてこないのは何故か?日本政府の嘘が影響している。また日本国民は、核兵器が爆発したのに静かに沈黙している。秩序を守っている。本当の沈黙とは秩序とは関係がないものなのに。多分、光州で福島のような事故が起こり、しかも政府が嘘を言い続けるとしたら、市民たちは武装して、大統領府に進撃しただろう。日本の学生とマスコミは沈黙したままだ。抵抗なき沈黙の和。政府と国民との話し合いすら存在しないではないか。日本国民は静かに沈黙している。このようにシステム化されたような、かたい沈黙の和は何故生じるのか。おそらく、それは日本と韓国の歴史と無関係のことではないだろう。日本植民地主義の協力者達の歴史と関係しているに相違ない。“福島原発事故”は“福島核発電所の爆発事態”というべき」であり、国家の暴力は「言語の歪曲」からはじまる。
6,7年かけて、靖国神社をテーマとした作品をつくった。その過程で、芸術家のもつ動物的本能から、暗い闇の中にある数え切れない日本の苦悩と痛みを感じ取った。福島に関する日本の沈黙はこの暗い闇と関係していると私は思う。私は分ったー太平洋戦争に関して国民が沈黙していることを。日本軍の統治者が裁判所に立たないことに国民が沈黙していることを。私は分ったー神風特攻隊の展示にも関わらず「平和博物館」としている欺瞞に国民が沈黙していることを。私は分ったーヒロシマと長崎の平和の祈りはあるが、核爆弾を落とした米国の重大な戦争犯罪に対して国民が沈黙していることを。こうしたものはすべて固い沈黙の和である。


韓国がどういう国で、どのような現代史を生きどんな顔なのかとアンデンティティーに関して考え始めたのは、八十年代光州事件以降であった。市民社会を意味する「市民」とは何か?「市民」は単なる資格として与えられるものではない。「市民」とは階級である。「市民」になりたければ、特権的階級を打ち倒し君主の首を広場で切り落とすこと。その流れた血を手に染めてこそその国民は「市民」となる。私達の素顔である。同様に民主主義も単に与えられるものではない。日本植民地主義は36年間続いた。その後、戦後の韓国において日本植民地主義の継承者達"親日派"が権力・経済・学問を秩序化し制度化した。自分達の既得権を安全にする為に「反共主義」となり米国の庇護に入った。新米主義である。光州抗争はこうした歴史のなかで起き「市民」が産声をあげた。以降韓国に民主主義が順調に定着していった。しかし現在、三十年前に後戻りするという反動が起きている。小・中学校の教科書から、5月18日の記述, 光州事件の記録が削除された三十年前に。



虐殺は、軍隊による鎮圧が齎す虐殺ばかりではない。最近の虐殺は軍隊を必要としない。直接血も流させない。つまり、資本主義の虐殺である。職業を奪い自殺に追い込み、福祉を切り捨てホームレスにしてしまうことが、資本主義の虐殺。キリストのパンを分け合う精神に通じる抵抗の共同体。血の絆。ハングンドンからは献血に来る売春婦が沢山いた。自分の胸を開いて見せここを通らなかった若者は独りも居ないと言う。血を流している若者の為に、血を与えたいと訴えた。抵抗の共同体とはなにか?それは、血で結ばれた共和国。つまり、ひとつの釜で飯をくう人々のつながりのことである。キリストのパンを分けワインを飲む共同性と同じといえる。ただし、暴力の鎮圧のために、共同性で語ることは中々困難。だから、記憶すること自体が、闘争であり希望である。版画というのは、皆と分け合うもの。ゴム板と百円の彫刻刀でつくった私の版画を、芸術と考えたことが一度もない。むしろ、それはチラシやビラの役割を果たすものであった。光州のことを皆に伝えたかっただけ。一枚彫っておけば、なくなるまで刷り続けることができた。
現在は、記憶することが権力に結びつくという大変厄介な状況に直面している。民主政府の十年間、市民社会にいた人々や運動家の良心的知識人達は皆、政府から金を受け取り勉強を止めてしまう。しかし勉強を一生懸命しない社会は滅ぶ。現在は、中国の力が大きくなり米国の一国体制と協働している。中国と米国のニ極体制へ移行している。米国の犬である日本と韓国は、彼らの主人の呼びかけで、危険な国家主義が生じ、再び太平洋戦争のような悲劇が起きるかもしれない。国という名の国家主義は、これを疑いつづけて、2度、3度、4度と考え直さなければならない。私になにをしてくれるの?と思ったら、国家主義の罠にはまった証拠。これダメ、あれはダメと、国は必ず要求してくるものだ。私を監視する国家。
絵は強烈な象徴性を表現する。絵の力とは、独りでなく、皆と一緒にみることにある。社会のなかの民族のもつアイデンティティーが、絵の中に描かれるものである。それだから危険な存在。八十年代に一番拘束されたのは、美術家だった。集会やデモのとき人々を同じ思いのもとに一体化させる象徴性を絵は持っている。だから視覚的なアイコンをつくることが大事。「あれは福島だ!」「あれは光州だ!」といったアイコンを生み出す義務を、美術家は持たなければいけない。現在必要でない美術が蔓延しているのはどうしたことか。日本には、世界的にリアリズムを追求するアーチストが沢山いたのに。しかし美術家たちというのは、非国民扱いか村八分にされてしまう。若い画家を愛すること、見守ること

・ゴダール「映画史」は20世紀精神史を編集した映画だ。20世紀といえば、二つの世界大戦である。第一次世界大戦のときは西欧の終焉が叫ばれたが、第二次世界大戦とヒロシマと長崎の原爆投下は、人間の終焉が到来したことを告げたのだ。20世紀の中心には、人間的な意味が存在しない。金によって支配される社会しか存在しない。そうして人間的な意味が存在しない以上、もはや精神たる知識人がいないことを意味する。それだから、かわりに、映画は百年かけて、精神が依拠する思想的自立性の為の余白がまだあるのだろうか?再び人間精神と世界が和解できるか?と問うた。ゴダールはそう考えている。つまり、象徴的に言えば、この百年間は、映画のキャメラは、観客の方向に向けて撮影し私達を対象としてとらえてきた百年間だったと彼は主張しているのだ。3・11以降は、原発災害が現在進行形のなか、ドゥルーズが運動イメージや時間イメージと呼んだ状況が現実に進行しているとわたしはやっと最近気がつきはじめたー

・Deleuze and Guattari resolutely position themselves in the realm of
experimentation, opposing literature of the narrow traditional canon in favor of the creative force of a "minor" literature. Their demonstration relies on an analysis of the cultural context of the decadent Hapsburg Empire of the early twentieth century that encouraged centrifugal movements, accentuated the process of deterritorialization, and led to a return to forms of reterritorialization.This extreme tension created a propitious climate for universal voices to develop, like Kafka's and his contemporaries, such as Einstein, who was teaching in Prague, the physicist Phillip Frank, the twelve-tone composers, and expressionist filmmakers like Robert Weine and Friz Lang, not to mention the Prague circle of linguists and Freud in Vienna, who gave birth to psychoanalysis. In this immense, declining empire, German was the official language of power and of the central administration,but other, subordinate languages were also used.
Kafka was at the crossroads of several languages; Czech as a Praguer, German as the official language of the Austro-Hungarian empire, and Yiddish because he was Jewish. (Francois Dosse)

・Die Zeit ist eine notwendige Vorstellung, die allen Anschauungen zum Grunde liegt. Kant
ああ、なんと凝縮された文でしょうか!ドイツ語は不得手で、上手く訳せんのが残念ですが、時間の表象としての秩序と根拠の認識、この両者は、考える人間において、互いに切り離せない関係にある、というようなことカントは説いているとおもいます。 たしかに、昼間の時間のあいだは、そういうことはいえますが、夜の時間のあいだは、別です。たとえば、夢をみるときは、それほどでもないとおもいます。時間の表象としての秩序と根拠の認識が緊密に繋がっていません。そうある以上、演劇は昼間の時間に属し、映画は夜の時間に属するアートといえるでしょうか?

・存在とはなにか?    本多敬
本文


1、存在とはなにか?ドン・スコトゥスとアルトーは、この石が分割不可能であること、この身体が分割などはできはしないことを主張した。存在の問題は、分割不可能性と関係している事を見抜いていた。同様に、スピノザ「エチカ」によると、自然たる神は分割できないゆえに、存在と関係していると考えた

2、ハイデガーは普遍主義を存在論的に攻撃したあげく、結局はネガティヴな瞑想に、君が代的「世界内存在」に後退した。しかし天皇主義的ゲットーの分割を破壊せずして存在の開示性などは成立するはずがない。普遍主義的な自然=神の内側で生成される多様性(差異)を抱きかかえる努力こそ存在なのだ!

3、大阪府は朝鮮学校への補助金見送りを決めたが、このような、プロパガンダ的に捏造された<わたしたち>と<かれら>の間隙が天皇主義的ゲットーの分割をなすものだ。「存在とはなにか?」、この問いを常に政治の次元において生成させること、「アンチ・オイデプス」のエッセンスはこの一点に存する

4、今日一国で起きた事件は蜘蛛の巣の振動の如く瞬く間に世界に伝わる。アラブの春は反原発へ、シティーの集会はウォール・ストリートの占拠へ。現在民衆の反抗はナショナリズムに結びつくがそこにマイノリティーの権利が保存されなくてはならない。自然=神の内部に多様性が保存されなくてはならない

5、アメリカと日本は、ドゥルーズの本にとって、"祝福された聖地"となっている。パラノイアvsスキゾという視点は益々重要となってきたが、ただ病理学的症状に依拠したこの言葉遣いは誤解を招き皮相的な理解に陥る危険がある。直線的普遍的思考vsリゾーム的遊牧民的思考、として捉え直すことが有効だとおもう

・Entendons le modèle épique...L'accès à la pluri-dimensionalité et une temporalité délinéarisée n'est pas une simple régression vers le <mythogramme>; il fait au contraire apparaître toute la rationalité assujettie au modèle linéaire comme une autre forme et une autre époque de la mythographie. La méta-rationalité ou la méta-scientificité qui s'announcent ainsi dans la méditation de l'écriture ne peuvent donc pas plus s'enfermer dans une science de l'homme qu'elles ne peuvent répondre à l'idée traditionnelle de la science.Elles passent d'un seul et même geste l'homme , la science et la ligne.

・The nuclear power disaster immediately reveals that Japan is also the censorship State that controls on speech,and never disclose the fact as desired. We all knew there lay the concealment behind any announced accident information, the serious danger being veiled. It makes a heavy attack on us to know our-self being caught in a trap set by the State,a whopping lie " the peaceful use of atomic energy".This trap is set by the single system consisting of the politician, the bureaucrat, the financier, the university and the mass-media. Hard or soft, Japan is as oppressive a nation as China. I mean, a nation of censorship system hostile to the people.

・ジークフリートといえば、竜退治。結局、矛盾によって神を越え得る人間像を、神とのに対峙を辞さない人間像を、ワーグナーはこの英雄に表現したかった。ゴダールのジークフリートはフランスとヨーロッパ映画を象徴する。ハーゲンの如く、英雄の背中を狙い壊滅させんと企む者はアメリカ映画とテレビ産業

In praise of Ring.
Speaking of Siegfried, it is a hero exterminating a dragon in Wagner's opera. Siegfried, as Brunhilda mentioned, is contradictory itself. He was really faithful to his enemy, while he is badly insincere to his lover. And he really kept the contract, while he terribly broke it. I think, Wagner wanted to making an image of a human being that courageously transcend the limit of God that never knows the contradiction.
We don't need a hero but the people to fight the dragon , the nuclear power station...

・However Godard never believes that there is something the outside of cinema, he is a writer like Tarkovskii taking the position in between the fiction and the documentary. If the film is the autonomous form of thinking, it must become independent in between. Since 1980 Godard have thought the possibility of the film showing some imaginary substitution of the religious healing that couldn't reduce to the reasonable cognition.In image and sound the Godard's montage has regarded the film as the poem, the utopian method to settle the differences opposite.In between the fiction and the documentary Godard have ever shown to the people how to combine the differences opposite. Right?

・Korea’s Easter Uprising: the March 1 Independence Movement

If Korea is the “Ireland of the East,” the March 1 Movement of 1919 was its Easter Uprising. Granted, one can stretch the analogy too far — unlike the Irish armed uprising of Easter 1916, the massive independence protests in Korea three years later were peaceful, at least as far the Koreans were concerned. Yet the commonalities are striking: both movements failed when they were harshly suppressed by their respective colonial overlords, but their spirit lived on to inspire the struggle for independence even after the revolts were put down and their leaders arrested and/or executed.


・Quand l'hoome prend son Ange,
il le prend dans le Nombre de Dieu.
When Sun takes the cat,
it takes it in the advance of the perihelion of Mercury

(takashi honda)

・蓂発桂香半且円
三千世界一周天

菅原道真
ー我が世界ではこよみ草も開き桂も香り、月の真ん中、満月になろうとしている。こうして私は広大な世界を照らしながら天を一周する

・映画を観た後に感想を語るのは、見た夢を聞かせる様な所があります。どう語ろうが勝手で、唯一の解釈はあり得ない。だからこそ映画は民主的だとゴダールは指摘します。しかし感想を書くとなると別の話。意識的な訓練を経ないと書けません。そもそもこの分野は日本語教授の様に規格化されていませんしね
映画批評といえば、監督の背景を探偵的に調べて紹介するか、マーケット的お喋りー女優や化粧品や洋服の話に終始してしまいます。フランスの教育は映像を重んじますね。映像を数秒間呈示して、見た事、感じた事、考えた事を自由に語らせます、子供達に。専ら台本を読むアングロとは全然違う考え方ですね




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
twipicの文保存 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる