言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS twipicの文保存 (5)

<<   作成日時 : 2014/09/06 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・Tokyo can't be tragic form of proximity without sociability

Here comes everybody _collideorscape _collide and escape_ the organizing without organization_ Facebook+Twitter_ Occupy movement goes global

Here comes everybody _"do-it yourself-with-others" spirit _ strong-tie offline activism _ on line weak-tie association _ collideorscape _

working class - to sell your labour in order to live - to look at yourself in the mirror and think" - Now what have I got that I can sell?

Here comes everybody - working class - the multitude - the general intellect - lumpen concept - the people,GO ON! GO ON! GO ON! GO ON!

"Occupy, Resist, Produce". A politics of the encounter utters no right, voices no claims.Protesters-Tunis, Cairo, Athens, Madrid,Manhattan, and Tokyo

・Tokyo can't be tragic form of proximity without sociability

Here comes everybody _collideorscape _collide and escape_ the organizing without organization_ Facebook+Twitter_ Occupy movement goes global

Here comes everybody _"do-it yourself-with-others" spirit _ strong-tie offline activism _ on line weak-tie association _ collideorscape _

working class - to sell your labour in order to live - to look at yourself in the mirror and think" - Now what have I got that I can sell?

Here comes everybody - working class - the multitude - the general intellect - lumpen concept - the people,GO ON! GO ON! GO ON! GO ON!

"Occupy, Resist, Produce". A politics of the encounter utters no right, voices no claims.Protesters-Tunis, Cairo, Athens, Madrid,Manhattan, and Tokyo

「ジャン=リュック・ゴダール論 - 映画とは唯一且つ多数の部屋の探求である」 芸術の定義づけとゴダールの映画批評の意義、類似性の想像力 −「家族的類似性」、「映画史」、「ドキュマン」、映画に至る、唯一且つ多数の部屋の探求 #puboo http://p.booklog.jp/book/37411


/What is AUTOPORTRAIT? For what is the space of N-dimensional topological multi-languages in FW ?
Joyce wrote a book emancipated the people's voiceless voices from the fascism looming in 1920's- 1930's. It is considered as the revival of Realism in 1930's, coming after the avant-garde movement in 1920's, among the utopian artists reconstructing Europe's universal mind to the more developed form after the World War I , a great collapse;"Der Unterang des Abendlands"
"Documentarily fictional"or "documentarily fictional", Godard would call FW cinéma comme instrument de pensée. The Godard's "Histoire du cinema", a work with strong autobiographical elements, echoes Joyce's "FW", and resist the totalitarianism in neoliberalism and neocolonialism in 1990's, both of that massacre the Histories of peoples

ジョイスのヨーロッパに定位したトポロジー的多言語空間は、ゴダールならばフィクション的ドキュメンタリと呼ぶだろう。第一次大戦という<西欧の終焉>後に、アバンギャルド芸術期を経て到来した、1930年代における高度な次元でのリアリズムの再生であった。ファシズムから民衆の声を解放するFW

・Joyce's "Ulysses" substitutes the Bloom's〈 Greek ーJewish - Irishman〉for the Stephen's〈 Greek ーChristianーIrishman〉, then it transfers the time of stream of consciousness to the space of N-dimensional topolojical language(s) and invents the passage to Anna livia Plurabelle's〈greekenhearted yude〉in Finnegans Wake

ジョイス「ユリシーズ」は、モンタージュ的言語によって、スティーブン的〈ギリシャ人ーカトリックーアイルランド人〉を、ブルーム的〈ギリシャ人ーユダヤーアイルランド人〉から異別化し排除した。FWのトポロジー的多言語の領域へ移行してアンナリヴィア的<ギリシャ精神のユダヤ人>を発明する為に

・La twittosphère brasse un mélange inédit d'information, de bavardage et commentaire, activités autrefois bien distinctes 十月号ル・モンド(d)紙の記事より引用
ツィッターとは何か?情報、お喋り、コメントIinformation, bavardage et commentairesーこれらが、未編集のごたまぜun mélange inéditとして、自然成長していくネットワーク。私的なモメントであり且つ(流通性故に)社会的モメントであるーマルクスの価値形態論みたいでしょ?

・小説「サルトルを書く」No139・・こうして、サルトルは、実存である自由を男性だけに約束しました。女性達に対して無関心だからでしょうか、それとも、女性が隷属であることを本質と考えているからでしょうか。これが、女性達が盗まれているという意味なのです。市民生活の現実は、女性達が世界の根底を攻撃することを妨げています。そして、この絵はサルトルの限界を表現しているともいえるのです。実存の哲学が暗黙に前提しているのは、人間イコール男性という等式ですから。結局、実存的実体の独立性を享受できるのは男性だけ!

・翻訳的言語が捏造した"停滞する〈支那〉の記述"は、即ち、オリエンタリズム。子安氏の「日本知識人と中国問題」は、(サィードが指摘した)マルクスの認識問題ー停滞する<インド>の記述ーを喚起する。イラン・アフガン戦争のとき、英国民は、停滞する〈アジア〉の幻想に誘発されていったことは確かだー私はアイルランドからみていた

・大島渚は、日本人が安心感を感じる青空の青色を敢えて使用しない。これと同様に、戦後文学は、翻訳的言語の不自然性によって、日本語的風景を掻き消そうとした。思考と真理を書くために。但し、"停滞する〈支那〉の記述"が他者(中国)を囲い込んだのは、この翻訳的言語を通してだ。思考と真理の言葉の傍らで、ヨーロッパ中心主義の幻想が自立していくー三木清、マルクス主義の転向

・No.6;FW作詞技法的造語法ー形態的なもの。逆成法back-formation(ある語を他の語からの派生語と考え、その本源と思われる新造する)。"evertheless", "everthelest"<-"nevertheless"。LazeはLazyの逆成法の例。これは、起源の偽造なり

・No.3
FW作詞技法的造語法ー聴覚的なもの。類音assonance。Shem is as short for as Shemus as Jem is joky for Jacobジェムがジェイコブの冗談名なら、シェムはシェイマスの短縮名である;宮田訳。母音韻ーアクセントの母音だけの押韻。 
注釈的コメント;Shemは、旧約のノアNoaの息子です。又、Shemusは、イエーツが描いた、悪魔に魂を売った伯爵婦人の話のなかの人物の名前。アイルランド語では、JがShになります。
即ち、ジェイムス・ジョイスのJames ー>Sheums

・ウオール街の占拠は、弱肉強食のマネー資本主義への反抗ですって?高みの見物の日本の新聞様はそう見えるのかもしれないけど、そんなふうには自由意志なんかは無いものなのだ。それは、必然的に決定された行動なんだ!マネー資本主義が正しく機能するかしないかという問題じゃない。そんな認識から切り離された、世界に向かって挑んだ挑戦なんだ、デモというのはね。それがすべて。「占拠」が、2009年二月、ロンドン中央銀行広場を占拠した私達から始まった。「占拠」は絶えず動いていることに驚きを禁じえないー-- G20 PROTESTERS - LONDON 2009 4000人

・ No.2

FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例。前回のwith limon on, of Lebanonは脚韻rhymeです。今日紹介する頭韻alliterationの例は、greasilygristly grunters, goupons(脂混じりの軟骨の豚の尻;宮田訳)グッグッグッグッ・笑

FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例(続)。「脂混じりの軟骨の豚の尻」は、ギラギラした妄想の類ですが、これとは別に、「ユリシーズ」のブルームのキャラのように、ユダヤ人の背景を持ちながら豚を食べる人が登場します。ユダヤ教に改宗・復帰する人々の為の訓練施設では、豚食いの習慣をやめさせます

FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例(続)。BBCのRadio3は、スピノザの生涯に関するドラマを制作しました。その場面のひとつで、スピノザは、長老達と論戦を交えようとシナゴーグにやって来ます。彼の関心は専ら哲学、無神論です。しかし長老達の関心は、豚を食べるスピノザに対する弾劾でした

FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例(続)greasilygristly grunters, goupons, この造語の近傍を見回すと、Shem was a sham and a low sham and his lowness creeped out via foodstuffs

FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例(続),シェムはシャム(いかさま)、下劣なシャムで、彼の下劣さはまず食べ物の材料に表れた(宮田訳)。もちろん、作者ジョイスJoyce のことを仄めかしていますよ。
ほかに、 greekenhearted yude!ギリシャ精神のユダヤ人男。

・ MY WORK No,1
FW作詞技法的造語法ー聴覚的な例;with limon on,of Lebanonーレバノンのリモンのなる、[of the founts, on mountains山の泉の](宮田訳)。limonは仏語で泥の意。近傍の言葉「割れ豆」、「レンズ豆」、「こね回す」に呼応(こらこら!)


・海外でトリフォーは、こんなに急速に忘れ去られてしまうとは!日本人ファンは意外かもしれないが、その彼らも、トリフォーの作品をビデオでしか観ていないだろうー安楽椅子で。「大人は分ってくれない」と「野生の少年」は世界を抱擁する眼差しだった。あの眼差しが、私達を、忘れ始めていると言いたい

・On <je pense>
Le Moi est identique jusque dans ses altérations.Il se les représente et les pense.L'identité universelle où l'hétérogène peut être embrassé, a l'ossature d'un sujet, de la première personne. Pensée universelle , est un <je pense>
(Totalité et infini; Emmanuel Levinas)

・Ce qui est le plus important c'est que le simple fait de pouvoir penser l'infini comme un tout indique qu'il existe une faculté de l'esprit dépassant toute mesure de sens.(...) Le simple fait de pouvoir penser l'infini donné, mais sans tomber sous le coup de cette contradiction, exige dans l'esprit humain une faculté qui soit ell-même suprasensible.
(Critique de la faculté de juger ;Kant)

それはー無限なものをとにかく一つの全体として考え得るということだけでも、我々の心意識に存するある種の能力ー換言すれば、感官の一切の尺度を超越し得るという能力を指示している。(・・・)与えられた無限のものを矛盾なく考え得るためだけにも、それ自身超感性的であるような能力が人間の心意識に存しなければならない。
(カント「判断力批判」)

・Connaître, revient à saisir l'être à partir de rien, ou à le tamener à rien, lui enlever son altérité. Ce résultat s'obtient dés le premier rayon de lumière.Eclairer, c'est enlever à l'être sa résistance, parce que la lumière ouvre un horizon et vide l'espace - livre l'être à partir du néant.
(Totalité et infini; Emmanuel Levinas)

・What is the Supreme Principle of Morality?政治家に働きかけないと効果が無いか?それは結果を追うカネの法則で、原発と同じ法則。私達の実践理性は全く別のもの。正しいことを行え!

・What is a mutual complementary relationship ?
Volition is opposed to Understanding but is in agreement with Imagination. Apart from positive knowledge of cause-effect, Volition is so humanly human, therefore so political, that it highly values the side of cause the transcendental subject makes out of the groundless.
Toward a recovery of totality lost, political involvement (agencement) never cease to invent the complementary relation of space to demonstration of volition as Reason takes its relation of itself to Imagination;this is anti-nuclear movement, a process of de-center

「意志」というのは、知識と対立し構想力と一致をなす。因果律の客観的知識から自立する、超越的主体は、人間的に人間的、従って政治的である故に、「意志」に於ける原因のみに価値を置く。結果には無関心。理性と構想力の如く、意思表示と空間は相補的な関係をとるー高度な次元の全体性の回復を通して。つまりこれがデモだ

・A poem from Basho Matsuo in 1689

"Asking the four sleepers
about moon and flower poetry
snoring"

note;Basho wrote this verse on a painting titled "four sleepers".This painting,by a chinese priest,shows two Hermits and a priest asleep with a tiger.

・Is a demonstration purpoesless? No.It has definite purpose.It is the act to make a society with the demonstration.
(Kojin Karatani, critic)

「デモにどんな意味があるのかと懐疑的に問う人が多くある。しかし、デモには意味がある。それはデモのある社会をつくる行為だからである」(9.11新宿デモ、柄谷行人の演説からの引用)

・JEAN LUC GODARD SUR FRANCE CULTURE / Du lundi 12 au vendredi 16 septembre à 22h15 / Hors Champs par Laure Adler
Jean-Luc Godard : l'opacité de l'existence.

・I am thinking freely. I know that nuclear power generation is very dangerous, but my concern is only an argument. I never take action - Why?
One is often seized by the thing which is actually his/her desire called " an economic rationality".Kant points it out clearly. It is impossible, because...
when when it comes from your desire, the practical reason can't find any place for its action; STOP IT! Practical reason never goes with your desire hand by hand.

わたしは、原発が危険と知っています。しかし議論ばかり続けて行動を起こさないーなぜでしょうか?経済的合理性という、本当は自分の欲求でしかないものにとらわれて分ったつもりになっているだけです。カントははっきり指摘します。止めろと求める実践理性は、あなたの欲求に根ざしては不可能であると

・Nobel laureate Kenzaburo Oe urged Japan's new prime minister on Tuesday to halt plans to restart nuclear power plants and instead abandon nuclear energy.
The nuclear accident at the Fukushima Dai-ichi plant was like "a third atomic bombing" that Japan inflicted on itself, Oe said. "We already faced the major threat of radiation from Hiroshima and Nagasaki. Now, many children will have to live with radiation threats for 10, 20 or 30 years from now."

・ En ce Pli, la fonction transcendantale vient recouvrir de son réseau impérieux l'espace inerte et gris de l'empiricité; inversement, les contenus empiriques s'animent, se redressent peu à peu, se mettent debout et son subsumés aussitôt dns un discours qui porte au loin leur présomption transcendantale. Et voilà qu'en ce Pli la philosophie s'est endormie d'un sommeil nouveau;non plus celui du Dogmatisme, mais celui de l'Anthropologie.(Foucault)

日本のポスト構造主義は、テクストを経済学に即して分析した。宇野、森嶋、置塩、岩井の研究を生かして、テクスト(「資本論」)批判を展開した。フーコがテクストを注釈したのは人間学的な言説に即してであった。不動点定理や角谷の定理も理解できるが、まず最初に「人間」の場所なのだー
以下、渡辺氏の翻訳。このような<折り目>のなかで、先験的機能は、その有無をいわさぬ網目によって、経験的領域の動かぬ灰色の空間を覆いかくしにくる。逆に、経験的諸内容は、活気づけられ、すこしづつ立ち直り、立ちあがり、その先験的たらんとする思い上がりを遠くにはこぶ言説のなかにただちに包摂される。こうして、この<折り目>のなかで、哲学は新しい眠りを、<独断論>のそれではなく<人間学>の眠りをねむるのだ。このような眠りから思考を目覚めさせるためにはーつまり、思考をもっとも朝に近いその可能性のもとに呼び戻すためには・・・。(「言葉と物」より)。
「動かぬ灰色の・・・」と、フーコは詩的な叙述によって、「王」の場所、「人間」の場所のことを暗示している。
Wake up!と、自己鏡像的でコンパクトな体系を幻想として打ち砕いて外部性の思考へむかうこと、これが、フーコのテーマであった。


Foucault; La peintre est légèrement en retrait du tableau.
Il jette un coup d'oeil sur le modéle ; peut-être s'agit-il d'ajouter une dernière touche, mais il se peut aussi que le primier trait encore n'ait pas été posé.

画家は絵から心もちさがったところにいる。
モデルに一瞥をあたえているところだ。
あるいは、仕上げの筆を加えようとしているのかもしれない。
だがもしかすると、最初のひと筆がまだおろされていないのかもしれない。

(渡辺訳)

The painter is standing a little back from his canvas.
He is glancing at his model;
perhaps he is considering whether to add some finishing touch, though it is also possible that the first stroke has not yet been made.

C'est d'ailleurs ce que j'aime en gènèral au cinema.Une saturation de signes magnifiques qui baignent dans la lumière de leur absence d'explication.

・That incidentally is what I love in general about cinema.
a saturation of magnificent signs bathed in the light of their absence of explanation.

ともかく私は、概して、映画のそこが好きだ。説明不在の、光に浴たす、壮麗な記号たちの飽和

・La grand tâche à laquelle s'est voué Mallarmé, et jusqu'à la mort, c'est elle qui nous domine maintenant; dans son balbutiement, elle enveloppe tous nos efforts d'aujourd'hui , pour ramener à la contrainete d'une unité peut-être impossible l'être morcelé du language.
L'entreprise de Mallarmé pour enfermer tout discours possible dans la fragile épaisseur du mot, dans cette mince et matérielle ligne noire tracée par l'encre sur le papier, répond au fond à la question que nietzseche prescrivait à la philosophie.

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;イタリア人。Speak up loud against Nuke! Thanks! 
 脱原発と大きな声で呼びかけましょう!ありがとう、みんな!

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;Takin' it to the streets! 私たちの街路を奪い返せ!

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;loud, loud, loud, and louder!大声で、騒々しく、やかましく、さらに、もっと一段と大きな声で!

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;マレーシア系中国人。go green with alternative energy.環境に適した代替エネルギーの模索を

・東電本社前の脱原発デモ(ビデオ)をみた世界の声;yes alternative energy!!.I don't forget Japan,

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;Thank you for raising your voice and for being a true example.抗議する声とその実践に、感謝の意を表します。

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;アイルランド人。「いい本名ですね!東京癌力とは!!」

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;マレーシア人。Truly democracy まぎれもない民主主義

・東電本社前の脱原発デモをみた世界の声;アイルランド人。tout mon coeur est avec vous,世界中の心が日本と一緒になりますよう祈っています

・東電本社前の脱原発デモを見た世界の声;アメリカ人、No more hiroshima, no more fukushima!

・東電本社前の脱原発デモを見た世界の声;アメリカ人女性。This was only the beginning - let's put a stop to it! この抗議デモは始まりにすぎません。アメリカと日本で共に、原発に対して、終止符を打ちましょう!

・東電本社前の脱原発デモを見た世界の声;フランス人。au Japon , VOUS MANIFESTEZ......!」 街頭の抗議行動によって、自分達の姿をあらわす人々!

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;ドイツ人。 please continue the movement as determined as you are. love from germany,脱原発の運動を決然と続けてください。ドイツから日本に愛を送ります

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;フランス人。 L'interdépendance des "No Nukes" court la Planète .反原発("No Nukes")と訴える声と声は、地球の規模で、互いに影響し合っていて、孤立してしまうことはないのだ。

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;Thanks, brothers and sisters!!同士よ!、ありがとうよ!!

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;Oh! Una festa!!祭りだ、祭りだ!


・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;フランス人your stuggle in japan found an echo here in france.Your protest is universal .日本人のたたかいが、ここフランスに木霊して来る。あなた達の抗議は普遍的だ

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;フランス人。right on ! 行け行け!

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;アメリカ人。Keep the feeling alive. No more nukes for any of us. Japan must choose life.私達のうち誰ひとり、原発を望むものはいない。日本は生命の選択をするべきだ

・東電本社前の脱原発のビデオを見た世界の声;フランス人女性。Moi aussi je proteste !わたしも抗議に参加!

・猫が聞きました /不思議だな、ここには誰もいないのに、どうして、木がどんどん高くなるんだろう/ すると、風の神様が言いました。/ おやおや、変なことに驚いているんだな/だって、私がずっとここにいるじゃないか/木が育つのはね、塔のてっぺんにいるふくろうが、君をみているからなんだ

・Let's visualize the voiceless of voice,Let's say no, No, NO !

・小説「サルトルを書くこと」;レンブラントの「夜警」みたいに、光で輝くように絵の中央に描かれた天使の顔は母の顔であることが分かる。母はちょっと恥ずかしそうに言う。「あまりまじまじと見てはいけませんよ」娘はミルクパンからカップへゆっくりと牛乳を注ぐ。

・「カルメンという名の女」のラスト場面で、ゴダールは、他人の櫛で髪を梳かしています。かつて毛沢東主義に共感を持った、純真なIdiotの自己肖像ですね。スイスを拠点に、八十年代以降、顕著な実験精神をもって、思想的自立性の領域を探求しはじめた、と思います。「僕らは何でもかんでも讃美した。降神術も、私刑も、ピストルも、放浪者までもね。あるとき汽車に乗ってると、一人の男が僕のかくしへ手を突っ込んで、僕の髪ブラシを取り出しながら、そいつで頭を梳かし始めたんだ」(悪霊)

・ネット小説「サルトルを書くこと」−連載中




Mr, Kazutami Watanabe 2011
- A Japanese translator of Focault's "the order of things"("Les mots et les choses")

The paper money circulation was realized under Louis' absolute Imperial rule in 17th century. The paper money published at that time is now displayed at the Great Britain library where Marx studied hard. The idea of paper money originated with John Law, a Scot. That the Edo Shogunate the centralism did not publish paper money is considered as a mystery of world history.
Sorai Ogyu (荻生徂徠) , the Japanese counterpart to Western Karl Marx, supported the publishing paper money because he thought nothing could prevent history from inventing new system. On the other hand, Hakuseki Arai(新井白石, like positivist John Lock, objected it because he was seized with the substantial representation, the mortage of money.

ジョンローの紙幣はマルクスの大英図書館の展示品だ。ルイ絶対王政下で紙幣流通が実現した十七世紀以降、紙幣発行に踏み切らなかった江戸幕府は歴史の謎なのだ。制度的に考えた徂徠は賛成した。新井白石が反対したのは、貨幣の担保という




Mr, Kazutami Watanabe 2011
- A Japanese translator of Focault's "the order of things"("Les mots et les choses")

The paper money circulation was realized under Louis' absolute Imperial rule in 17th century. The paper money published at that time is now displayed at the Great Britain library where Marx studied hard. The idea of paper money originated with John Law, a Scot. That the Edo Shogunate the centralism did not publish paper money is considered as a mystery of world history.
Sorai Ogyu (荻生徂徠) , the Japanese counterpart to Western Karl Marx, supported the publishing paper money because he thought nothing could not prevent history from inventing new system. On the other hand, Hakuseki Arai(新井白石, like positivist John Lock, objected it because he was seized with the substantial representation, the mortage of money.

ジョンローの紙幣はマルクスの大英図書館の展示品だ。ルイ絶対王政下で紙幣流通が実現した十七世紀以降、紙幣発行に踏み切らなかった江戸幕府は歴史の謎なのだ。制度的に考えた徂徠は賛成した。新井白石が反対したのは、貨幣の担保という実証的表象に囚われたから。江戸思想はフーコによって理解できた



・1910年代ジョージアン朝は、上昇志向を持った中流上のヴィクトリア時代へのノスタルジーだ。20世紀はここから始まる。ケンジントン、ハムステッドから、金融センターの東部地域へと、アートはマネーを追う。カムデンタウン、イーストエンドは対抗文化




Milton did more than hymn the praises of revolt, as Blake and Shelley did.(T. Eagleton)カルヴァンのラディカルな教義に共感し、クロムウエルの共和国の秘書官として働いたミルトンー中産階級の革命が左翼を追放してしまう傾向を懸念した

仏革命より百年早く王の首を切り落としたのは、クロムウエル。17世紀のこの共和主義者の位置と機能を、「国内中小資本vs国際資本と大銀行」、という現在の文脈に置き換えてみるとー「中小資本」を味方して、国王と国際資本と大銀行に反撃した。アイルランドではこの植民地主義者の名を口に出すな!

・We have to invent our memory without cease. Because once we stopped it then we would become fossilized.
Nagisa Oshima always invents his memory to the
cinematic fantasy. He boasts his own experience; he was a boy 8 years old in wartime. Nagisa Oshima remembers that he buried in the underground his father 's collection, the Karl Marx's Das Kapital translated in Russian because he avoided the confiscation of the military authorities and the disposal by his mother.
Nagisa Oshima saved the book. Later this memory would be transformed in the image of love. In his film, "Sada" cut off her lover's penis and buries it in her own vagina...

愛のコリーダ;記憶というのは、絶えず発明することが必要だ。やめてしまうと化石となる。大島の戦時中の自慢話。軍部の没収と母親による処分を避けて、少年の大島は父の蔵書・ロシア版資本論を壷に隠して地中に埋めたという。この記憶は愛のイマージュに変容する。映画のなかで、サダは切断した吉のペニスを膣の中に埋め込む...

In the "Waiting for Godot", Becket is supposed to emphasize the significance of accepting the world without meaning. But if one radically denied meaning in life, consequently even <meaningless> might be collapsed and disintegrated.The philosophy of absurdity really expected such a relativism ? In the repetition of pessimism and optimism Becket might have waited for the very coming of <meaning>. Anyway I can't find definite reason on why one has to live/die with <meaningless>, the nuclear power generation

「ゴドーを待ちながら」の解釈に関して、<意味なき世界>を生きることの意義を説いたとするのが定説だが、疑問はある。そこまで<意味>を否定してしまうと、<無意味>すら成り立たなくなるから。ベケットは<意味ある世界>を待ったかもしれない。原発とともに、<意味なき世界>を生きる理由がない

Becoming walk of Duchamp's bachelor-machine, becoming girl and plant, becoming process itself, becoming space of topologic manifold.
The practice of micro-politique, awaking the Kant's "the faculty of practical reason", is indispensable to the Deleuze's concept <body without organ>;Imagination without totalitarianism, faculty of Reason imitating one of Imagination , multitude without representation

・歴史的に市場主義に属した楽市・楽座の民衆は現在なら、反市場主義の勢力だろう。TPPは自治の精神とネットワークを破壊するから。「市場主義」=多様性?笑止!英国に行くと、ロンドンもオックスフォードもマンチェスターも、同じ街の景観、大資本のチャーン店オンリーだ。喫茶店は三種類しかないぜ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
twipicの文保存 (5) 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる