言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月

<<   作成日時 : 2014/11/05 20:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0



How to think the East Asia problem now (1-9)

Nobukuni Koyasu 

(translation by takashihonda)

1, I have the common recognition with many intellectuals whon see the modern world in the form of global capitalism has reached the final stage to convert.This is the biggest premise of my recognition and judgment in the macro level when I think the " East Asia problem ". The global capitalism, beyond one-nation capitalism, drives regional integration of the world , namely the imperial subdivision. It is the present conditions of the world in the 21st century that the United States and EU, Russia former socialism state and China still claiming socialism state, really come to exist as Empires on the stage of the global capitalism world. Just I think it the present conditions of the East Asia world too.

2, I think the global capitalism came at the final stage to convert because it brings about the maximum of economic disparity and social division and consistently enlarges and intensifies them. It extinguishes the human cooperative survival condition on a global scale. This society division that it induces is nothing but a crisis of the unification to the state, that ceaselessly conjures the antagonistic nationalism. Without referring to the intensified domestic crisis that the global capitalism has brought out, I cannot explain how the East Asia countries including China, that have accomplished the economical progress in the world of global capitalism, confronted the difficulty of intensified antagonistic nationalism in the 2010's.

3, I think that the nationalist antagonism on the < history recognition problem > between Japan and Korea, and one between Japan and China, since the 21 up to now is quite different from the political tense relations in the past.Apparently the history of the 20th century tells us that that the internationally political problem or diplomatic problem on the territory issue always turns out the nationalist antagonism problem rather depends on the very domestic factor. The nationalist tense relation in the East Asia means that the domestic crisis is so serious anywhere that any society is seriously torn out now.

4,Sure, Japan wouldn't have accept the politician on the history revisionism as Shinzo Abe taking power without the badly lasting recession, Tohoku major earthquake and the serious social crisis by the accident of the Fukushima nuclear power plant.Additionally, it is a fact that the intense international environment in the East Asia caused reappearance of Abe as the government person in charge with it.I'm sorry to say that we permit the existence of Abe from his reappearence of PM Abe as the political leader up to the present condition because that the opposition party was in fact dissolved- we cannot pay back this -, and that the citizen movement cannot take very realistic power resisting both of the Abe's militarism and nuclear power generation re-operation. I dare to say this thing.

5,The criticism of Korea and China on Japan gradually acquires the colour of nationalism along so-called <issue of history recognition>. Seemingly,
arleady it is nationalism problem apart from <issue of history recognition> .
This is really disadvantage. Because binary oppositive counter-nationalism
may help to support Abe's position as the originator of historical revisionist.
And it happens that the pressure of the nationalism overrides all the intellectual who criticize the Abe government. This should be really avoided. Who wishes this situation of antagonism ? The State power transforming its domestic crisis into international crisis? I think only Mars smiles about it.

6, This April I answered the inquiry from the Korean news agency that asked me
the issue of the <problem of Yasukuni worship>. I said; it is wrong to protest it from a perspective of nationalism if PM Abe visits this war shrine.Rather, from a perspective of universal human history, his action should be constituted as crime. From a perspective of human history, Abe's visiting war shrine constitutes a crime without reflecting the past that Japan had inflicted injury upon the countries of Asia.These citizen protest, standing human dimension, can produce the solidarities of the citizens movement because what we want is not nationalistic antagonism but the solidarities of the citizens in Asia.

7. The citizen's solidarity in Asia and the universalism from a perspective of human history would go hand in hand. As I said first, not only the problem of the war and nuclear power generation but any problem everywhere in the social life and social infrastructure are awfully actualized in the modern world coming at the last stage in the form of the global capitalism to convert. Now this crisis calls the solidarity of the ordinary citizen in Asia across the nation states. It is this solidarity that must work a change of the modern world that is a critical moment now.

8. For example, Japan-Korea students can discuss together the ideal and reality of the pacifism principle of the Constitution. Isn't it, in this debate, useful for the Japanese students to know and think together the present condition of the draft system in South Korea? And the problem of nuclear power generation is essentially one of the earth's present environment. It should be just considered as the problem of the international system existing as the energy system of the nuclear power generation. So I think any single nation cannot stop or abolish it . To think together and abolish the nuclear power generation, the solidarity for the ordinary citizen's movement is urgently required.

9, Last I'd refer to the problems on Confucianism in the East Asia. The point is, in this invitation lecture, that I try to think it not as substance, rather, but as method. To see <East Asia > as <Confucianism cultural sphere > is to substantially see <East Asia >. This <Confucianism> reduced to substance is the equivalent to the officially accepted moral and political doctrine that had long supported the system of the objective spirit rooted in the Chinese empire. Therefore, I think that the <East Asia Confucianism> is no more than the resubsumption to Chinese< empire> appearing in the real world. Thinking <East Asia > as method means that we consider <East Asia > that we make to the future. The citizen's solidarity and movement in Asia consists in making < East Asia> as citizen's public world.


安倍政権のもとで国立大学から文系がなくなる? この話題について興味深い新聞記事がありました。哲学者カントが『学部の争い』(1798年)で大学論を展開していたというのです。「大学部の学部には、神学部、法学部、医学部上級学部とその基礎をなす哲学部に分類される。上級学部は社会的有用性を持ち国家と結びついているが、国家から自由な哲学部こそが学問の真理性を判断することができると述べている」。しかし日本の大学から最初に追放されるのがこのカントの哲学かも。評価が高い一番最近の英訳を紹介していこうかと考えていたので、流れてきたのは啓示か?(笑)。カントの時代の総合大学は芸術学部がなかったことを改めて知りました。カントはどこから知識をえて、あの巨大な芸術論を展開できたのか?彼は「美」をみずに「美」を喋ってしまったのだとも揶揄されますが、他方、建築家として図面を引くことができたぐらいの専門的知識があったことを指摘するアメリカの研究者もいます。嗚呼、カントはコンセプチュアルアートとしてみとめられるには、あまりに早く生まれすぎたのか?18世紀、恐るべし!

「これ」ということ haeccety

あなた、そりゃー、お月さまを世界の中心にきめたわけですからね、ゴリラは。立っていた大地も、よじ登ろうとする木も、この月の領域になっていくんでしょうから、限りなく大きいでしょう。月とかゴリラとかのケチな話じゃなく、月<性>とかゴリラ<性>という観念の無限へ旅をはじめました。


本文「哲学者カントは『学部の争い』(1798年)で大学論を展開した。大学部の学部には、神学部、法学部、医学部上級学部とその基礎をなす哲学部に分類される。上級学部は社会的有用性を持ち国家と結びついているが、国家から自由な哲学部こそが学問の真理性を判断することができると述べている。」。これについては、全共闘運動のときは、国立大学の医学部がラジカルだったと同じような意味で、(意外にも) 私立大学の神学部の学生たちがラジカルに行動したときいています。これは、おそらく、抑圧されていた学部であるほどラジカルに反抗していく必要があったということではなかったでしょうか。ところで 戦後の岩波新書はなんといっても丸山真男に依るのでありますが、非常に少数派とはいえ、かれの後継者たちである、東大法学部出身の政治学の学者たちが反権威的に書きました。現在は、'とうとう'というべきか、すっかりと岩波新書の東大法学部出身の政治学者たちなどは皆、自民党政権ブレーンの中枢にはいっていて、彼らの書くことはいかにも国家から自由ではありませんね。それにしても、日本の大学からはこのカントの哲学などが最初に追放されていくことが心配なので、このネットの場を利用して、(評価が高い一番最近の英訳の)かれの仕事を紹介していこうか、それとも面倒だからやめようかと迷っていたところで、ちょうどこのタイミングで、投稿してくださったこの記事はなにかの啓示であります(笑)。わたしは決めました。ついでですが、日本の場合、哲学者は、西欧のようには信頼されてはいないのですね。西欧の知識人は例外なく、哲学科出身ですけど、日本の新聞などで知識人と呼ばれているのは、(哲学者を代行してか?) 文学者ばかりですね。大江健三郎とかそうですけど。夏目漱石は知識人ですが、西田幾多郎は知識人とはいえない。さて大江の場合かれはなんでもかんでも私たちの生活に介入してくる知識人だから、原発問題とか専門外のことについて間違うリスクを負ってあえて発言していく責任があるわけです。その大江は「知識人」という言葉を使わなくなりました。知識層という言い方をしています。「ヨーロッパでは国民投票で原発にたいしてNOと決めたのに、日本の知識層は遅れている」というのですね。「日本の知識人・・・」と決していわないのはなぜか?喫茶店で渡辺氏に直接きいたら、「おそらくね、知識人という言葉を大切にしようとしているからじゃないか」と言っていたのは大変印象的でした。カントの時代の大学は、芸術学部がなかったことをあらためて知りました。かれはどこから知識をえて、あの巨大な芸術論を展開できたのでしょうか?カントは美をみずに、芸術論を喋ってしまった(笑)と揶揄されますが、建築家として図面を引くことができたことを指摘するアメリカの研究者もいます。(つまりカントはコンセプチュアルアートとしてみとめられるには、あまりに早く生まれすぎたのですね。18世紀、恐るべし!)


構造

アベノミックスの最大の被害者が、アベノミックスを要求していくことになるというような危機的状況になってきたのでしょうか?今日読んだ世論調査によると、若い人々の間で原発再稼働を望む声が顕著に多くなっきたといいます。原発問題は、ほかならない、構造です。<終わる>ためには、問題を推進した同じ構造に再び依ることは不可能です。そもそも構造に委ねていたらいつまでも<終わる>のか<終わらない>か計算できないようにみえます。<終わらせる>という第三項へ移る新しい規則を書くとしたら、それはやはり、地球的次元で考える人間の思考が介入することによってではないでしょうか?


ベルリンの壁は25年まえ。あれから変わったこと。ベンダースのインスピレーションが廃れたこと。アイルランドと英へ行き反イラク戦争と反(ネオリベ)グローバル資本主義のデモを体験したこと。帰国後原発事故が起きたこと。米国、EU、中国、ロシアの「帝国」化。東アジアの動乱と学生の活躍。変わらないことは、社会党の事実上の消滅、いまだ日本の大学生がデモから切り離されたままでいること。


Contre une société qui utilise la sexualité comme moyen pour réaliser une fin socialement utile, les perversions maintiennent la sexualité comme fin en soi.

Herbet Marcuse , Eros et civilisation (1955)



東アジア問題を今どう考えるのか- 子安宣邦 


1.)グローバル資本主義という現代世界のあり方は、転換すべき最終的段階にいたっているという多くの識者の認識を私も共有しています。これが「東アジア問題」を考えるときのマクロなレベルにおける私の認識・判断の最大の前提です。グローバル資本主義は一国的資本主義を超えて世界の地域的統合化、すなわち〈帝国〉的再分割を進めています。アメリカとEUと、そして旧社会主義国であるロシヤ、さらになお社会主義国を称している中国がグローバル資本主義世界における〈帝国〉として存立してきているのが、21世紀的世界の現状です。それが東アジア世界の現状でもあると私は考えています。

2.)グローバル資本主義が転換すべき最終段階であるということの最大の理由は、世界大で経済格差と社会分裂をもたらし、それをたえず拡大し、深化させていることにあります。人間の共同的生存条件を世界規模で失わせているのです。この社会分裂は国家的統合の危機であります。この国家的統合の危機はいつでも民族主義ナショナリズムを呼び起こすことになります。グローバル資本主義的世界で経済的躍進を遂げていった中国を始めとする東アジアの諸国が、21世紀の10年代に入って激しい民族主義的な抗争関係をとるにいたったことを、私はグローバル資本主義がもたらした国内的危機の深化と無縁に見ることはできません。

3.)21世紀に入ってからの現在にいたる日中、日韓間の民族主義的抗争関係は、それ以前の〈歴史認識問題〉をめぐる政治的緊張関係とは異質だと私は見ています。領土をめぐる国際的政治・外交問題が民族主義的抗争問題になっていくのは、むしろ国内的要因にあるということは20世紀の戦争史に照らしても明らかです。いま東アジアが民族主義的緊張関係を作り出しているのは、それだけ国内的危機は深く、社会分裂の度合いは大きいということを意味します。

4.)たしかに日本で安倍という歴史修正主義的な政治家の再登場をゆるした理由も、永続する経済不況と東北大地震と福島原発事故がもたした深刻な社会的危機にあります。それとともに東アジアの緊張的国際環境が政権担当者としての安倍の再登場を促したことも事実です。この安倍首相の再登場と現在にいたるまで政治的リーダーとしてのその存立を許していることは、野党の事実上の解体という日本の戦後政治のツケであるとともに、原発体制と軍国化に反対する市民運動がまだ政局を転換させるだけの力を質と量とにおいて残念ながらもっていないことによります。それとともに私があえてここでいいたいのは次のことです。

5.)いわゆる〈歴史認識問題〉をめぐる対日批判が民族主義的色彩をますます濃くしていることです。すでに〈歴史認識問題〉をこえた民族主義的な問題になってしまっているように思われます。このことがわれわれにとって不幸であるのは、一方では〈歴史認識問題〉再浮上の火付け人というべき歴史修正主義者安倍首相の立場を対抗民族主義的に支えてしまっていることです。そしてまた他方では日本政府の対応に批判的な私たちの発言を国内の民族主義的圧力が抑えてしまっていることです。これは非常に不幸なことです。東アジアの民族主義的対立という現状をだれがいったい望んだのでしょうか。国内危機を国際危機に転化させた国家権力の担い手たちでしょうか。いまこれをほくそ笑んでいるのは戦争神マルスだと私は思います。

6.)私は今年の四月、〈靖国参拝問題〉をめぐる韓国の通信社からの問い合わせに、もし安倍首相が靖国参拝をしたら、それを民族主義的レベルでとらえることをせずに、人類史的犯罪行為として抗議すべきだと答えました。ことに東アジアの隣人たちに与えた文字にも数字にもし難い加害にもかかわらず、なお日本首相がかつての戦争国家日本の祭祀施設に参拝することは人類史的犯罪です。こうした人類的抗議を通じてはじめて東アジアにおける〈靖国問題〉をめぐる市民運動的連帯を作り出すことができるでしょう。私たちが求めているのは民族主義的対立ではない、アジア市民としての連帯です。

7.)アジア市民の連帯は人類的、人類史的な普遍主義の立場において始めて可能でしょう。私が最初にいったように、グローバル資本主義の転換すべき最終段階としての現代世界は人類的危機をあらゆるところに、戦争や原発問題だけではなく、われわれの社会生活から生活基盤にいたるあらゆるところに問題を顕在化させています。この危機が民族国家をこえたアジア市民・生活者の連帯を呼んでいるのだし、この連帯こそが危機的現代世界の転換をもたらす力にもなるはずです。

8.)具体的には日本国憲法の平和主義的原則の理想と現実について日韓の学生たちが共同討議することがあってもいいのではないでしょうか。その際、韓国の徴兵制の実際について日本の学生が知り、ともに考えることができればきわめて有益だろうと思います。それと原発問題は本質的に地球的問題であり、原発的エネルギー体制として国際的体制の問題であり、これが一国的問題としてあるかぎり、その停止も廃絶も不可能であると思われます。生活者のレベルでの問題の共有と廃絶に向けての運動の連帯が緊急に求められていることです。

9,)最後に東アジアの儒教をめぐる問題ですが、私が今回の招聘講座でのべようとする大事な点は、〈東アジア〉を実体としてではなく、方法として考えようということです。〈東アジア〉を〈儒教文化圏〉として見ることは、〈東アジア〉を実体的に見ることです。この実体としてとらえられた儒教とは、中華帝国という礼教的体制を支えてきた道徳・政治的教説です。ですからいま〈東アジア儒教〉をいうことは、現実に登場しつつある中華〈帝国〉への再包摂を意味することでしかないと私は考えています。
〈東アジア〉を方法として考えるということは、〈東アジア〉をわれわれが創っていく〈東アジア〉として考えるということです。アジア市民の連帯と運動とは〈東アジア〉をわれわれの共同の生活世界として作っていくことです。

[これは今回のソウルの講演・ゼミナールにあたって「朝鮮日報」が企画した対談を、時間の都合上、書面をもってした際、ソウルからの問いに私がした回答のほぼ全文である。実際にはこの三分の一のみ掲載された。全体の文脈から切り離された靖国問題をめぐる私の発言に対して、多くの非難が寄せられている。もしその非難が私の全体的文脈から切り離された靖国をめぐる私の発言だけに向けられたものであるならば、是非この全文をお読み下さり、私の発言の主旨をご理解下さるようお願いいたします。2014,11.08.]

How to think the East Asia problem now
Nobukuni Koyasu 
.(translation. takashi honda)
1, I have the common recognition with many intellectuals whon see the modern world in the form of global capitalism has reached the final stage to convert.This is the biggest premise of my recognition and judgment in the macro level when I think the " East Asia problem ". The global capitalism, beyond one-nation capitalism, drives regional integration of the world , namely the imperial subdivision. It is the present conditions of the world in the 21st century that the United States and EU, Russia former socialism state and China still claiming socialism state, really come to exist as Empires in the global capitalism world. Just I think it the present conditions of the East Asia world too.


3, I think that the nationalist antagonism on the < history recognition problem > between Japan and Korea, and one between Japan and China, since the 21 up to now is quite different from the political tense relations in the past.
Apparently the history of the 20th century tells us that that the internationally political problem or diplomatic problem on the territory issue always turns out the nationalist antagonism problem rather depends on the very domestic factor. The nationalist tense relation in the East Asia means that the domestic crisis is so serious anywhere that any society is seriously torn out now.



芦部信喜『憲法』

「大学の施設および学生の管理もまた、大学の自主的判断に基づいてなされなければならない。この点に関してとくに問題となるのが、大学の自治と警察権との関係である。最も問題となるのが、警備公安活動のために警察官が大学構内に立ち入る場合である。警備公安活動とは、『公共の安寧秩序を保持するため、犯罪の予防及び鎮圧に備えて各種の情報を収集・調査する警察活動』である」。これは、将来起こるかも知れない犯罪の危険を見越して行われる警察活動であるから、治安維持の名目で自由な学問研究が阻害されるおそれはきわめて大きい。したがって、警備活動のために警察官が大学の了解なしに学内に立ち入ることは、原則として許されない」。ポポロ事件の判決について、「この判決は、とくに、@本件警察官の行為が長期にわたる情報収集活動の一環として行われたものであることを考慮に入れなかったこと、A(中略)大学が正規の手続を経て教室の借用を許可した判断を尊重しなかったことなど、疑問が多い」


スコットランドといえば、二人の啓蒙主義者、アダム・スミスとデビッド・ヒューム。スミスの名は(ネオリベの) グローバル資本主義と結びついているかといえば、かならずしもいつもそうではなく、最近チョムスキーなどはスミスをアンチ・グローバル資本主義の言説として読みだしていますね。英米の思想の文脈のなかでは、ヒュームはマルチ・カルチュアリズムの社会設計の理論的先駆者。ヒュームが今日生きていたらならスコットランド独立について何て言うでしょうか、わかりませんが、おそらく、ナショナリズムには反対、国民投票には賛成、というところでしょうか。ヒュームの名は、知る人ぞ知る、カント哲学の前座として、また、現象学に先行した心理学にかならず出てきます。が、スコットランドとの結びつきをかんがえる人は殆どあまりいなかったでしょう。ところで13世紀に同一性の問題から唯物論的存在論へ行くラジカル神学Dun Scotusも、スコットランド出身だっただろうといわれています。(アイリッシュはアイルランド出身といいますが)。ラジカルな懐疑主義者だったヒュームの方は、同一性を批判して、(神とか自我とか、因果関係などの観念を導く) <基体的>な共通性を徹底的に批判しました。こうした点で、ドゥルーズのヒューム論は、(日比谷焼き討ち事件などの) 帝国主義の側に回収されていったマルチチュードに対する批判として必要かもしれません。また、それは国体観念に対する抵抗の理論的武器にもなり得るのですが、どうもそういう話はさっぱり聞いたことがありませんね。浅田彰が仄めかすぐらいでしょうか。ただそのドゥルーズのテクストから基底的な存在論的共通論も読みだすことが不可能ではありませんから、非常に厄介。いつの時代でも先端の理論は矛盾を含むものですが、これも例外ではありません)


サイズ

ニャリホ〜、みんな、お久しぶりじゃん!どうしてた?という場合の「みんな」はどれくらい「みんな」なのだろうか?映画について考えるときはこれが大きな問題とならなければならなかったはずなのです。この「みんな」のサイズは、蓮見重彦が語りかけるような高い美意識の観客だとあまりにも小さすぎます。それは民族だとしたら、巨大すぎて集合論について語らなければならなくなるほどです。「みんな」は、意外に、個人のことか?真っ暗なところでひとりで本を読むようにスクリーンを見ている孤独な個人?だが、その場合でも、他から見られれているという意識がなくなるだけの話で、隣の他のひとびとが消滅してしまったわけではありません。そうして映画の思考は、どうしても共同体を問題とせざるをえません。この共同体がいかにスクリーンをみたか?について考えていくと、例えば詩人があるいは民族が自らを世界に投射するやり方と、共同体が自らをスクリーンに投射するやり方とは同じではないはずなのです。


他者問題

だれもが他者の重要性をいいます。誰もが他者との関係の重要性を知っているというのです。が、実際には、自分たちの首相のせいで隣人からの信頼が奪われているだけでなく、同じその安倍に煽られて自らが隣人の信頼を裏切っている結果、精神的に不安定になってしまった人々を前に、ほからない、重要な他者であるコーリアと中国について語ることがますます難しくなってきました。出口がみえない、息苦しくエモーショナルになってきたなかで、だからこそ、他者問題としてできるだけ知的に語るしかないではないか、現在ある利用できる分析は利用するべきだ、と、わたしはやっと気がついてきました。



他者の言説、グローバルデモクラシー、東アジアがそれぞれ、<真実>、<能動者>、<受動者>の項に入るような構造は、一的多様体の帝国的包摂に対する抵抗を<産出>する。アジアの停滞と市民の個々人の主体の成立を問題とするのではなく、そこでのグローバルデモクラシーの近代化・現代化が問われる

グローバル資本主義、主体の言説、(自らを他とみなす)他者の言説がそれぞれ、<真実>、<能動者>、<受動者>の項に入る構造は、帝国的同化主義、即ち(ヘーゲル的西欧中心でない)アジア停滞論を起点とした世界史を<産出>する。これが導く中国的近代の教説はグローバルデモクラシーの抑圧を招く


帝国の自ら語ることが不可能な目的、他者の言説、主体の言説がそれぞれ、<真実>、<能動者>、<受動者>の項に入るとき、この構造からの<産出>は何か?中国に代わってその目的を語る/語らされる、溝口や日本的ポストコロニアリズムのアカデミー、或いは柄谷を利用しているかもしれないマスコミ?


主体、他者の言説、東アジア海洋圏がそれぞれ、<真実>、<能動者>、<受動者>の項に入るこの構造は、(近代の)主体の言説を<産出>する。近代の日本に囲い込まれ、代わりに今度は朝貢貿易の帝国的ヴァージョンに囲い込まれていくだけだとしたら人々にどんな特権があった・あるというのだろうか?

Interview

Koyasu; in East Asia the nationalism is enthusiastically inflamed, consequentially being involved with state of tension and confrontation, because the domestic crisis is so serious anywhere that any society is seriously torn out. For example, Japan wouldn't have accept the politician on the history revisionism like Shinzo Abe taking power without the badly long recession and the serious social crisis by the accident of the Fukushima nuclear power plant. In addition, the opposition party (the Socialist Party) was dissolved and the citizen movement cannot take very realistic power resisting both of the Abe's militarism and nuclear power generation re-operation.


Kan : In the 21st century the East Asia is facing state of tension caused by the nationalism. Big problem. But it is difficult for us to abandon nationalism in the Korean Peninsula that is in division state for nearly 70 years. What do you think the influence of the nationalism over the Japanese society ?

Koyasu: The criticism of Korea and China on Japan gradually acquires the color of nationalism along so-called "issue of history recognition". In this case a paradoxical problem occurs. PM Abe has ever incited the issue of history recognition and he himself is ringleader of trouble-maker. Despite what he does, he calls the counter-nationalism (coming into antagonism with Korea and China ).On the other hand, it happens that the pressure of the nationalism overrides all the intellectual who criticize the Abe government. So I cannot express my opinion freely. It's not fair.


グローバルデモクラシー

21世紀の地球の座標は、互いに不断の闘争状態にある4つの基底(原理)をもっています。すなわち、グローバル資本主義と帝国と国家とグローバルデモクラシーです。恐らくその一つの基底が他の基底を征服して21世紀の地球を独占することはないでしょう。この4つの基底が構成するベクトルが、21世紀の地球を決定することになるのではないでしょうか?
二十一世紀は基本的には、グローバル資本主義とグローバルデモクラシーの間の対立が基本にあるとおもいます。この間の対立を調整するのが、国家とか帝国(EU,ロシア、アメリカ、中国)だというふうにかんがえています。一九九〇年代以降世界で起きている動乱で、グローバル資本主義に関係がないものはひとつもなく、したがって全部グローバルデモクラシーに関係あるものです。デモクラシーを訴えている人々は、時代遅れにも、民族主義と烙印をおされているだけです。あるいはそう呼ばれているから効果を狙ってそのようにふるまっているだけです。具体的に言うと、国境を超えたデモクラシーとデモクラシーの連帯は、スコットランドの国民投票の影響をみていくことができます。もっと近いところでは、台湾と香港の動きがあります。どちらも(マルクス主義の平等理念を捨てさった)コミュニズムが強いてくる市場万能主義にたいする抵抗運動です。これがどこまでやれるか、民主主義の問題に発展していくのか、大きな流れをつくっていくのか注目しています。天安門事件ですね。一方、帝国の側は、(文革とはちがう)グローバルデモクラシーに対抗すべく、権威的な新儒教とかの普及を世界規模で国策的に展開していますね。日本の場合は、外部で起きているグローバルデモクラシーにかんする報道を十分に行わなければ、それはマスコミの信頼を失っていくことになるでしょう。また、安倍を起点とした集団的自衛権とTPPと愛国心の言説が、なにをしたいのか全然わからないのですが、デモクラシーの側に抵抗の運動がなければ、あるいはあっても国際的な連帯もなく一国的に孤立していれば、おそらく、確実に、アメリカの帝国の内部にむかってぐいぐいと引き寄せれていくだけの、知性もなんの感性もない、閉じた未来しかないでしょう。これも帝国のイデオロギーを構成するものだ、とわたしはかんがえます。 緊急の問題としては、日本と韓国の間に可能性としてグローバルデモクラシーがあるのだと信じなければ、人々は民族主義的対立を煽る両方の政府(+歴史修正主義)に引き込まれていくばかりです。結局日韓のエスタブリッシュメントはネオリベですから。この両者は、国民の政府批判(経済政策)を避けるために、民族主義的対立を互いに利用しているとおもいます。両国の間に平和的な人間交際をつくっていくためには、もはや国家がなにもしてくれなければ、人々はなにができるか、です。まとめますと、日本人に誤解があるのは、帝国がグローバル資本主義を抑えこむという幻想です。柄谷は帝国を正当化する言説すら展開しはじめました。しかしょEUも中国も、内部は、まったくのフリーマーケットなのですね。グローバル資本主義に抵抗するのは、帝国ではなく、オキュパイ運動以降の(イラク反戦もふくめた) グローバルデモクラシーなのです。

長年にわたって主題について熟知している、二十世紀最高の文章家といわれたフーコの主著のどの頁も、時間はかかるが、読めなくはない。ゴダールの映画史の仕事を読むのに辞書はいらない。それなのに、警官につきだされるかもしれないというピンチに、食い逃げだ!とつかめにきたボーイ達にたいして、「あなたたちは誤解だ。ちゃんとお金はテーブルの端においた。コーヒーカップのした」と抗弁するのに、具体的で簡単なフランス語が全然口にでてこないこのわたし(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
11月 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる