言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月 (4)

<<   作成日時 : 2014/12/27 11:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0



If, moreover, the rate of return on capital remains significantly above the growth rate for an extended period time (which is more likely when the growth rate is low, though not automatric), then the risk of divergence in the distribution of is very high.
Thomas Piketty - Introduction, Capital in the Twenty-First Century


『中庸』冒頭:「天の命ずるをこれ性と謂う。性に率(したが)うをこれ道と謂う。(天が、その命令として人間や万物のそれぞれにわりつけて与えたものが、それぞれの本性である。その本性のあるがままに従っていくとそこにできあがるのが、人として当然行うべき道である。)」

What is Twittering Machine ?
'A child hums to summon the strength for the schoolwork she has to hand in. A housewife sings to herself, or listens to the radio, as she marshals the antichaos forces of her work. Radio and television sets are like sound walls around every household and mark territories (the neighbour complains when it gets too loud ). For sublime deeds like the foundation of a city or the fabrication of a golem, one draws a circle, or better yet walks in a circle as in a children's dance, combining rhythmic vowels and consonants that correspond to the interior forces of creation as to the differentiated parts of an organism. A mistake in speed, rhythm, or harmony would be catastrophic because it would bring back the forces of chaos, destroying both creator and creation. '- Deleuze& Guattari, 1837; Of the Refrain, A thousand plateaus.

これは魔女の空飛ぶ絨毯ではありません。また新聞の世論調査やテレビの視聴率や学校の選別試験のように、自分自身でないものを絶えず自分自身のものと思わせるような魔法の杖でもありません。ただこれは、'さえずる機械' Twittering Machine、と、1922年にクレーがペンとインクで描いた穴がたくさん開いた、ジグザグに運動する線の領域です

記号としての<口髭>を読む

政党の大きな人間が闊歩する時代にノスタルジーを感じるような、ポストモダンのモダン化の気持ち悪い方向に絡みとられるなと自身にいいきかせています。安倍の側で政治が非政治化したら、他の誰でもない自己の意志と権能が政治化していくチャンスがきたと開き直りたいぐらいです。この意味で、たとえば、公共放送の番組を利用してヒトラーを真似た口髭で安倍自民党を見事に批判した歌手の意志を称える声は、その通りにききたいとおもいます。風刺する大衆芸能の意義ですね。他方、Simulacrumの時代にあって、同じものは決して繰り返されないということもかんがえる必要はないでしょうか?冷淡な言い方になりますが、チャップリンにつづく二度目の口髭では、(オリジナルのヒトラーの真似にはならず)、億万長者の成功物語を真似た反復、皮肉にも意図せずして(同化主義を唱える) オリベ教説の強化として作用していたのかもしれません。ここにやや極端な反例を出しましたが、現在は相反する二つの視点を常に考えておかなければならないほど、もはや真実らしい確実なひとつの意見(この路しかないかの如く主張する)に安住するような楽観はゆるされなくなってきたようにおもいます。

右翼からの止まらないサザン攻撃にたいしては、もう断固サザン支持しちゃうんだから!




日本と事情が違うのかもしれませんがね、毎日BBCのコメディアンがやっていた超辛辣なパロディーのせいで政治家へのダメージが起きたなんて話をきいたことがないんですけど。ギャラが支払われる芸能人の政治家を皮肉る器用なパロディーに、救われた気持ちになっちゃった人が結構多いので正直驚いています。向こうの政治家が非常に嫌がり怯えているのは、新聞にグロテスクに描かれる風刺画の醜い顔といわれますけど、こちら日本の大新聞では意味のない小市民的な似顔絵しか描けないですしね。吃驚するほどグロテスクに描く理由は、読者が政治家に感情移入しないための工夫であることは当たり前です

オイディプスは自分自身ではないものである。だから意志と権能がコントロールできないものである。オイディプスはまさに思考を不可能にする起源であるが、しかし置き換えられた起源であり、いまやそれは社会体の内部に移行する。オイディプスは、おとりのイメージであり、オイディプスを言う欲望はオイディプスの言説に捕獲されるのだ(おまえのココロが欲しがっていたことは、戦う国家が自身を祀る靖国公式参拝なのだ。)

オイディプスはまさに極限であるが、しかし置き換えられた極限であり、いまやそれは社会体の内部に移行する。オイディプスは、おとりのイメージであり、欲望はそれに捕獲されるのだ(おまえが欲しがっていたことは、あれなのだ。脱コード化した流れとは、近親相姦のことだった)。――(上)p312

捕獲

アベノミクスでいわれる景気の意味、アベノミクスの円安で景気が良くなるの意味は、明らかにされることはないでしょう。'アベノミクスで回復するこの路しかない'と繰り返し言う欲望がこの言説に捕獲されているからです。('お前が欲しがっていたのはこの路た'。'お前の欲望はアベノミクスの物語に書いてある')


ハリウッド映画みたいに一つの枠の中に全部を見せてしてしまうと、全体主義か、ファシズム的になっちゃうんで、だから、<ここに映っていない、他の3つのものについて言うこと>はむしろ意義深いことで、親戚をみているときに、赤ちゃんと猫と犬をみているのはなぜだろう、とする問いかけがナイス。私は親戚を見ているのに、親戚を見ていないのはなぜなのか


<注釈> からはじまったお正月

東京演劇アンサンブルのブレヒト小屋で初めてお会いした渡辺一民氏に、「海外では、ジョイスが分からなくなったときは「言葉と物」(渡辺氏が訳した)を虎の巻的に注釈にしました」と告げると、氏がヴィーコについて興奮して喋り始めたのを思いだしました。この数年後に、たしか、演出家の公家氏と出席していた少人数の「20世紀の精神」の講座のときでしたが、池袋の喫茶店で、同級生の丸谷才一氏(「ユリシーズの翻訳者)と講義から抜け出しては当時の駒場の喫茶店で文学談義に耽った学生時代のことをおもい出されていました。ルネッサンス的好奇心とジョイス的探求心の出会い、万華鏡のなかの彷徨う彗星と彗星との文学的遁走型衝突ごときものか。嗚呼、今年は文学は、言葉は「市民的自由」に立った運動の連帯を求める反権力的としてのアナーキズムの彗星へ行くことができるか?ここで、「 ジョイスとはだれか?」と問うひとたちのためにやや独断的にですが、便利なとりあえずの注釈を示しておくと、ジョイスの'母国語の中に外国語を書いた'アナーキズムとは、ドゥルーズがいうように'母国語の内部で異邦人に成る'ことでした。つまり現在の危機的状況に則してとらえなおすと、'この路しかない'と脅してくる解釈学的な'母国語性の中に、他の路に関係する外国語性を配置してみる' アナーキズムの注釈的精神のこと。実際に、「ユリシーズ」と「フィネガンズ・ウエイク」ほど繰り返し、可能性としての他の路、可能性としての他の河、そして究極的には、可能性としての他の時間の流れ、を曲面的に構成できた本は以前に存在しませんでした。20世紀の精神をなすほどのこの画期的な本がなぜ、1920年代になって現れてきたのかという理由を考えることは改めて重要だとおもいますね。同時代の日本の<この路しかない>とばかりに帝国主義的拡張に一直線に向かっていった<大正>について見直すためにも。やはり脱出線が1930年代ファシズムの前に現れたことは決定的でした。



プロセスとしての分裂症こそ、唯一の普遍性なのである。分裂症とは壁であり、壁の突破口であり、同時にこの突破口の挫折でもある。―― D+G , anti- oedipus (上)p261


“There is only one way to happiness and that is to cease worrying about things which are beyond the power or our will. ”
― Epictetus

“Τίς εἶναι θέλεις, σαυτῷ πρῶτον εἰπέ: εἶθ' οὕτως ποίει ἃ ποιεῖς. (First say to yourself what you would be; and then do what you have to do.)”
― Epictetus, The Discourses

“God has entrusted me with myself. No man is free who is not master of himself. A man should so live that his happiness shall depend as little as possible on external things. The world turns aside to let any man pass who knows where he is going.”
― Epictetus

“We are not disturbed by what happens to us, but by our thoughts about what happens to us.”
― Epictetus

“To Epictetus, all external events are determined by fate, and are thus beyond our control, but we can accept whatever happens calmly and dispassionately. Individuals, however, are responsible for their own actions which they can examine and control through rigorous self-discipline. Suffering arises from trying to control what is uncontrollable, or from neglecting what is within our power. As part of the universal city that is the universe, human beings have a duty of care to all fellow humans. The person who followed these precepts would achieve happiness.”
― Epictetus, The Golden Sayings of Epictetus

“Do not afflict others with anything that you yourself would not wish to suffer. if you would not like to be a slave, make sure no one is your slave. If you have slaves, you yourself are the greatest slave, for just as freedom is incompatible with slavery, so goodness is incompatible with hypocrisy.”
― Epictetus

“Do not afflict others with anything that you yourself would not wish to suffer. if you would not like to be a slave, make sure no one is your slave. If you have slaves, you yourself are the greatest slave, for just as freedom is incompatible with slavery, so goodness is incompatible with hypocrisy.”
― Epictetus

“What really frightens and dismays us is not external events themselves, but the way in which we think about them. It is not things that disturb us, but our interpretation of their significance.”
― Epictetus


1 Of all existing things some are in our power, and others are not in our power. In our power are thought, impulse, will to get and will to avoid, and, in a word, everything which is our own doing. Things not in our power include the body, property, reputation, office, and, in a word, everything which is not our own doing. Things in our power are by nature free, unhindered, untrammeled; things not in our power are weak, servile, subject to hindrance, dependent on others. Remember then that if you imagine that what is naturally slavish is free, and what is naturally another’s is your own, you will be hampered, you will mourn, you will be put to confusion, you will blame gods and men; but if you think that only your own belongs to you, and that what is another’s is indeed another’s, no one will ever put compulsion or hindrance on you, you will blame none, you will accuse none, you will do nothing against your will, no one will harm you, you will have no enemy, for no harm can touch you.


4, Remember that the will-to-get promises attainment of what you will, and the will-to-avoid promises
escape from what you avoid; and he who fails to get what he wills is unfortunate, and he who does not escape what he wills to avoid is miserable. If then you try to avoid only what is unnatural in the region within your control, you will escape from all that you avoid; but if you try to avoid disease or death or poverty you will be miserable.


Epictetus, Kiyozawa Manshi(清沢満之), James Joyce

Epictetus was born c. 55 A.D.,presumably at Hierapolis, Phrygia. The name his parents gave him is unknown; the word epíktetos (ἐπίκτητος) in Greek simply means "acquired." He spent his youth as a slave in Rome to Epaphroditos, a wealthy freedman and secretary to Nero.
Kiyozawa Manshi (清沢満之), a controversial reformer within the Higashi Honganji branch of Jodo Shinshu Buddhism cited Epictetus as one of the three major influences on his spiritual development and thought.
Epictetus is mentioned in A Portrait of the Artist as a Young Man by James Joyce: in the fifth chapter of the novel the protagonist Stephen Daedalus discusses Epictetus's famous lamp with a Dean of his college.

- Epictetus also had a lamp, said the dean, which was sold for a fancy price after his death. It was the lump he wrote his philosophical dissertations by. You know Epictetus?
- An old gentleman, sais Stephen coarsely, who said that the soul is very like a bucketful of water.

A Portrait of the Artist as a Young Man by James Joyce , p.202


Spinoza surpasses Epictetus....
エピクテトスをのりこえていくスピノザ

PROPOSITION 12
Whatever happens in the object of the idea constituting the human mind must be preceived by the human mind, or there will necessarily be an idea of that thing in the mind; that is, if the object of the idea constituting a human mind is a body, nothing can happen in that body ehich is not perceived by the mind.


PROPOSITIO XII. Quicquid in obiecto ideae humanam mentem constituentis contingit, id ab humana mente debet percipi,sive eius rei dabitur in mente necessario idea:
hoc est, si obiectum ideae humanam mentem constituentis sit corpus, nihil in eo corpore poterit contingere, quod a mente non percipiatur.

定理一二 人間精神を構成する観念の対象の中に起こるすべてのことは、人間精神によって知覚されなければならぬ。あるいはその物について精神の中に必然的に観念があるであろう。言いかえれば、もし人間精神を構成する観念の対象が身体であるならその身体の中には精神によって知覚されないような〈あるいはそれについてある観念が精神の中にないような〉いかなることも起こりえないであろう。


「人間精神を構成する観念の対象が身体であるならその身体の中には精神によって知覚されないようないかなることも起こりえない」。身体が精神に、精神が身体に依拠しても、一的<多様性>の路しかないわけではない。人間の思考は、健全な肉体にしか健全な精神が宿らないという神懸かり的超越性の一を構成できない

「人間精神を構成する観念の対象が身体であるならその身体の中には精神によって知覚されない様ないかなる事も起こりえない」。身体が精神に、精神が身体に依拠しても、一的多様性のこの路しかないか?人間の思考は、健全な肉体にしか健全な精神が宿らないという神懸かり的超越的な唯一のこの路を構成できない。思考はこの路のなかの他に行く可能性をもつのである

人間の思考はこの路のなかの他に行く可能性をもつ。ここでスピノザがいう'人間の思考'でいわれる人間の意味は何か?'このもの'を指す働きをいうのだろう(ドゥルーズの'此性'と比較)。そもそも'このもの'を前提にしないと、全体主義の'この路'に対する批判も構成できなくなってしまうから

ヴェルデイーのオペラ「アイーダー」の神官たちみたいに
グロテスクになってきた裁判員制度

なんのために裁判に参加するのか?と問うとき、わたしの考えでは、二つのポイントがあります。まず第一に、裁判を知ることではないでしょうか。そして第二に、冤罪と(それを容認・助長する)国の犯罪を防ぐために裁判過程に参加することがあると思います。これらのためには、現代の裁判所が、ヴェルデイーのオペラ「アイーダー」の神官たちが住処とする、まさに刑罰と一体となった国家の栄光を称える神殿ではないことはもちろんであります。しかし残念ながら、現行の裁判員制度は、京都学派の学者の考えに沿って設計されているような、グロテスクな神殿のようだと形容しては大げさかもしれんませんが、これが国家の犯罪である死刑判決を国民が総体として責任をもつという民族主義の国体論に規定された文化論的な目的をもっているようにしかみえないとしたら、人権の時代にあって本当に異常なことだと言わざるを得ません。冤罪、言い換えれば、国家の犯罪をやめさせるためにどうするのか?もっぱらこの認識にもとづいて、ただこの問題を解決する対策として、例えば(停止中の)いわゆる英米法型の陪審員制を検討するときではないかと思います。法曹一元化のアメリカのように、経験豊かな弁護士も裁判官として活躍できるような制度も大いに参考にできるでしょう。冤罪事件に取り組んできた弁護士たちが裁判官として働く機会があってもちっともおかしくありません。


An intense copper calm, like a universal yellow lotus, was more and more unfolding its noiseless measureless leaves upon the sea.

Herman Melville, Moby-Dick



寸劇;良識の死

山本議員 (国会での質問) 「総理は、報道各社の社長および論説委員たちと40回以上会食しています、ほら、あなたの姿です、隠し撮りされた現場の写真たちです。40回ですよ。良識のある人がすることですか?会食の目的を国民のまえで説明できますか、さあ説明してください!」
安倍(ヒソヒソ)「(どれもいい男に映ってるじゃないか、なあ)」
麻生(ヒソヒソ)「(はい、総理。秋葉原でプロマイド写真として配ったらいかがすか?) わかった、わかった、ご苦労様。まとめて全部買ってもいいけど、山本君、ただし一枚千円以上なら絶対買わんからね」
山本議員「あのな・・・」


アインシュタインの息をひきとった日の自宅の書斎

「雇用・利子・貨幣の一般理論」(1936)の序文で特殊理論にたいする一般理論の必要性を説くとき、ケインズがアインシュタインの相対性の一般理論 (1916)の意義を意識しなかったとは考えにくいですね。この本のなかでケインズが呈示した、古典派のドグマ的真実の内部の中に<他>が現れてくるような、修正された貨幣数量方程式は、一見テンソルに類似した似非数学の様相をもつことに気がつきましたか?面白いとおもうのですが、かくも抽象的なものは非現実的すぎるでしょうか?ドゥルーズ曰く、「革命的な機械は、現実的であるからこそなおさら抽象的でもある。シ二フィアンとも主体的なものとも無縁な一つの体制がここにある」Une machine révolutionnaire, d'autant plus abstraite qu'elle est réele. Un regime qui ne passe plus par le significant ni par le subjectif. たとえば、その抽象性は、決定不能性のシ二フィアンがそれを言う主体に触発する意味を問えば、シ二フィアンも主体も<他者>へ行くほどです。言いかえれば、この路しかないと現実的におもわれていたこの路の内部に他の路が必ずあることを考えることの大切さです。つまり現在問われなくてはならないのは、「この道しかない!」というこの路のなかに存在する他の路の可能性です。はっきりいって、他の路を想定しなければやっていけなくなりました。Einstein's office in Princeton, New Jersey, photographed on the day of his death, April 18, 1955.


千のプラトー:資本主義と分裂症

seq1 宮廷愛における「歓喜」joy、心の通い合い、あるいは「試練」assay。欲望に対して外的でなく、欲望の平面を超越することがなく、人格の内側にもない事柄なら、どんなことでも許されている。――(上)p321

字面を追っただけの読みでまったく覚えていないのですが、「申し立て」ということばからはじまって「申し立て」で終わるような本ーたとえ「申し立て」と書いていなくとも (<ー記憶がないくせにいちゃもんつけたい下から目線プロ素人)。「権力行使に手心を加えてりゃいくら金あっても足りない」、と、一頁目にかいてくれればよかったのですが、しかしそこまで正直にかくと、国家の資本主義に依存する権力行使の核に法がないことをばらしてしまうことになりかねませんから、それは無理というものですな。それにしても、不服申し立ての「不服」というレッテルだけで、お上に逆らうな!の民を恐喝するのに十分ですが、しかし最近友人からきいた話では、民主党政権時代の改革で税法はこの'不服'という言い方を改めたらしいですね。税務署の調査も以前のようには横暴に?できなくなったと言っていました。

FBが日本に普及する前からやはり同じようなことを海外の友達たちが訴えていました。とにかく技術的なレベルで、FBの保存はあまりあてにならないというのが共通的見解。タイムラインに書いたことは(FBの機能にある)'ノート'に保存しておくことをお勧めします。私の投稿でも時々起こりますが、大抵は数日すると出てきます。が、なにをしても出てこない投稿もあります。私の場合は、文章に写真をくっつけて、そのまま(FBの機能にある)'写真アルバム'に保存するようにしています。それでも部分的に消えることがあるので、大切とおもう長い文は他のブログのなかに保存しています。沖縄の米軍基地について批判的に書くと、翌日バッサリ消えていることがあります。多分これは、(家族批判したつもりはまったくないのですが、その家族を含めた) 彼らの仲間が協力してこういう記事を監視してFBにスバム報告をしているようです。まさかとはおもいますが、このような時代ですから、たしかに、「選挙期間のやつ」だったからという可能性も否定しきれないところです。これは通信干渉の問題ですね。海外へ向けた投稿のときFBの検閲が出てきます。公害の多国籍企業批判とか。また国情不安定のなかでギリギリのところで発言しているアーチストに起きるのは、現地政府によるアカウントの閉鎖。私のインドネシアの友人は、映画についてかくときイスラム社会の検閲を非難した直後、かれは自分自身のアカウントにアクセスできなくなりました。以降、新しいアカウントをつくって彼は偽名で書いておりますが、こういうことも多々あり、検閲の厳しい国のFB友達にかんしては殆どが偽名でしょう。(日本では実名が当たり前と思いこまされていますけれどね。たしか5年前の記事でしたが、とくにFBは第三世界の書き手にとって大切な場なのだということは「ル・モンド」紙が指摘していたのはその通りだと思います。)

北一輝
日本は地理において東洋の英国なり。しかも東西文明旋転の歴史的意義によりて観ずればアジアに位するギリシアなり。ギリシアは既に日本海のサラミス海戦において強露ペルシアの侵入を撃破したり。(『支那革命外史』)

一英語の能力を以て浮薄軽佻なる知識階級なるものを作り、店頭に書冊にその単語を挿入して得々恬々として恥なき国民に何の自主的人格あらんや。(『日本改造法案大綱』)


一英語の能力を以て浮薄軽佻なる知識階級なるものを作り、店頭に書冊にその単語を挿入して得々恬々として恥なき国民に何の自主的人格あらんや。(『日本改造法案大綱』)

一英語の能力を以て浮薄軽佻なる知識階級なるものを作り、店頭に書冊にその単語を挿入して得々恬々として恥なき国民に何の自主的人格あらんや。(『日本改造法案大綱』)

一英語の能力を以て浮薄軽佻なる知識階級なるものを作り、店頭に書冊にその単語を挿入して得々恬々として恥なき国民に何の自主的人格あらんや。(『日本改造法案大綱』)

一英語の能力を以て浮薄軽佻なる知識階級なるものを作り、店頭に書冊にその単語を挿入して得々恬々として恥なき国民に何の自主的人格あらんや。(『日本改造法案大綱])

『孟子』冒頭:梁の惠王への拝謁時に国に利益となる政策を求められると、「王も、亦仁義を曰わんのみ。何ぞ必ずしも利を曰わん。(王は仁義だけを気にかけられたらよろしい。なぜ利益のことなぞ仰ることがありましょうか。)」(梁恵王章句上)と仁義を元にした道徳主義の儒教政治の理想を孟子は説く。


マルグリット・デュラス ‏
「私は書いているとき、完全に放心しているような気がする、もう全く自分を抑えようとはしない、私自身、穴だらけになる、私の頭には穴があいている」


本居宣長
天知るや日の大神の道をおきてさの道に惑ふ世の人(玉鉾百首)

…神は、理(コトワリ)の當不(アタリアタラヌ)をもて、思ひはかるべきものにあらず、たゞ其の御怒(ミイカリ)を畏みて、ひたぶるにいつきまつるべきなり、されば祭るにも、其のこゝろばへ有て、如何にも其神の歡喜(ヨロコ)び坐べきわざをなも爲(ス)べき(古事記傳)

推敲中
ー>社会の観念は同じではない。ところでネットのせいで社会が堕落したのか?しかし社会の観念はネットによって事後的に形成されてくるのである。ネットがなかったときは、つまりそう呼ばれているテクノロジーがなかったときは、社会は存在しなかったのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
12月 (4) 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる