テーマ:思想・哲学

問題提起; <フレーム>とゴダールが呼んだ建築術こそは<物で書かれたもの>(フーコ)の編集のこと

問題提起; <フレーム>とゴダールが呼んだ建築術こそは<物で書かれたもの>(フーコ)の編集のこと <フレーム>とゴダールが呼んだ建築術こそは、<物で書かれたもの>(フーコ)の編集のことである。<フレーム>と編集、この両者は、ゴダールにおいて、互いに切り離せない関係にある。愛結局ゴダールの最も重要な構想とは、「映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デリダ、中国へ行く

1、ここで、緊急の問題提起。英語の国と戦争すると英語がつかえなくなったわけだが、漢字の国と戦争すると漢字がつかえなくなるのか?漱石が憂いた様に言文一致の近代文学の方向に沿って、漢文的エクリチュール性が剥ぎ取られてしまった漢字が中国大陸の表象と結ぶつかなくなったことがある。 2、また国際世論の非難を避ける為であったが、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルファベットは何者か?軽蔑すべき奴隷だ。アルファベットは何ができるか?何も。何を望むか?全てだ

みんなの楽しいアルファベット (本多敬作) アルファベットは、一体何者か?  軽蔑すべき奴隷だ。 アルファベットは何ができるのか?  なにも・・・ アルファベットは何を望んでいるのか?   分らない。すべてだ。 1、日常言語学派の考え方というのは、きちんと理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス見聞

スイス見聞 1、今回旅したスイスは、私が知っていたどの国とも違うという印象を持ちましたから大変新鮮でした。ところで、アングロサクソンといえば、Vandalismバンダリズム。芸術文化の破壊行為や蛮行をいいます。ちなみに、破壊と略奪をほしいままにしたバンダル族の名から由来しますが、今日ならネオリベ系橋下族の名でしょう。スイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまさら日本国憲法、されど日本国憲法・・・われわれの憲法を書いたのはインディアンたちである

いまさら日本国憲法、されど日本国憲法・・・われわれの憲法を書いたのはインディアンたちである 1、英語はコミュニケーションの手段に過ぎないのに、なにかアメリカとイギリスの価値観に従わなければならないとする勘違いがあります。ところで、日本の人々が独自に発展させた、あるいは、今後させていくかもしれないアメリカこそ、本当に意義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子安宣邦氏による講座「中国論を読む」の感想文 

文中で子安宣邦氏がひいている「溝口」とは、日本の中国研究者・溝口雄三のことです。溝口の<中国論>は、中国人研究者たちの間に一定の影響力を持ち始めているのだそうです。この溝口の<中国論>は、<多元的世界>として展開する言説です。ただし、その<多元的世界>は、本当にそれほど多元的なのかどうかが問題です。というのは、嘗て、大東亜共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原知事がこしらえた「領土問題」によって、日本の人々が払う代償はなにか?

正直、台湾からもこんなに反発されると予測できなかったのでしょうか?ところで新聞は経済に関して、中国がダメなら東南アジアがあると非常に楽観的のようですが、しかし世界史を鑑みて一般的に言えることは、情報はモノによって運ばれます。そうして近代の大阪の場合、当時交通の中心にいた町人達が豊かな文化と学問を享受できました。たしかに、商業資本主義のヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反原発のドイツとイタリアから感化を受けた、、日本の反原発運動が自身を取り返す条件はなんだろうか?

反原発のドイツとイタリアから感化された、日本の反原発運動が自身を取り返す条件はなんだろうかと私なりに毎日考えます。結局、2030年まで原発0%にする政府の約束は、財界と米国の干渉により、事実上保証がなくなったわけですし、結局原発を見張る審判長は原発ムラ村長が行うことになりました。このように民意を汲めない政府の失敗からあらためて学ぶこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<方法としてのイギリス>   - アーノルド・ウェスカーの演劇を考える

<方法としてのイギリス>- アーノルド・ウェスカーの演劇を考える アーノルド・ウェスカー「ぼくはエルサレムのことを話しているのだ」をブレヒト小屋で観た。この芝居はイギリス東部に位置するノーフォークを舞台にとっている。ノーフォークといえば、英国が英国である根拠、言い換えれば英国の起源が記憶される場所。アングロサクソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカ人、ナイジェリアからきたチュック氏の思い出

アフリカ人、ナイジェリアからきたチュック氏の思い出 ロンドン時代、文学好きなナイジェリア人の友達がいた。カフェで、文学話で盛り上がった。このチュックは、もともと七十年代に国費留学生十人の一人として英国の大学に来た程の秀才だったが、母国ナイジェリアで内戦が勃発してしまい、帰国できなくなった。現在はリバプールの奴隷博物館がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルースト「失われた時を求めて」は、世界資本主義によって追放された人々のたたかいに捧げられた本である

「失われた時を求めて」が証言するのは、連歌デモ的ユートピアを求めてだ。世界創造者として日経連的に振舞うブルジョアに対する、アナキズム系前衛芸術家による反抗は、彼等が構築した近代都市に向けられた。今日ならば、原発国家に依拠した都市に対してNo!と言うだろう。この本には、歴史の舞台から退場を命じられた、(ブルジョアに)敗北した貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロー、新大久保

ハロー、新大久保 1、山手線に繋がった堅固且つ脆弱なモンサンミッシェル。新大久保といえば、高田馬場から新宿へ行く通路で、昼と夜の境界を感じさせない街。ハングル語による広告放送はよく覚えていないが、高校時代には、試験勉強と称して喫茶店で、住民であった友達らと朝まで籠城したものだ。 2、二十代のある時期、プルースト論を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、マルクスが正しかったのか?

なぜ、マルクスが正しかったのか? 1、マルクスは、平均利潤の長期的低下の法則を説きました、この法則によれば、資本は資本であるかぎり、常に限界に危機的に直目します。つまり、常に乗り越えられていく危機こそ、資本が必要とするエネルギーに他なりません。これは、重力法則以上に厳格な必然性なのです。 2、だから、こうした資本の限界は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネットは、言論の武器。ACTAとは、このインターネットの武器としての役割を破壊する刀狩です

インターネットは、コミュニケーションの道具です。それだけでしょうか?もし抗議集会とデモに適切に連携すれば、インターネットは、言論の武器となります。端的に言って、ACTAとは、このインターネットの武器としての役割を破壊する刀狩です。商業主義の著作権を守るだけのために、強力な検閲を引くことは許されません。この強力な検閲体制のために、武器でな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天安門事件の人々と、反原発デモの人々を同一化しようとは考えませんが、なにか共有するものがあるはずです

歴史は反復する、されど、誰もその全てを知ることは出来ない。確実なのは、人々がもつ願いが繰り返されるということ -天安門事件の人々と、反原発デモの人々を同一化しようとは考えませんが、なにか共有するものがあるはずです 1、偶像崇拝禁止に拘るユダヤ人の友人に反駁してやろうと、ボルテールを読んだことがあった。翻訳された英語ゆえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画によるMETオペラ中継ーワグナー「ニーベルングの指輪」感想文

映画によるMETオペラ中継ーワグナー「ニーベルングの指輪」感想文 。私はオペラの知識がありません。ただオペラを利用して自分自身の思想のテーマを鍛え直す問題提起をしただけです。やはり、2012年日本の危機的な状況を反映した書き方となってます A,ラインの黄金」 メトロポリタンオペラによる、ワグナー指輪の映画中継がは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

METオペラの映画中継、ワグナー指輪「ジーグフリード」の感想

<METオペラの映画中継、ワグナー指輪「ジーグフリード」の感想> 「ジークフリート」は、北欧神話に依拠した物語展開。シグルドリーヴァ(古エッダElder Edda)において、Odin神に反抗したため炎の環のなかで眠り続けるValkyrie。Sigurdによってめざめさせられる。 ブリュンヒルデが目覚めるとき、恐れ戦くジークフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイリッシュ・アナーキストのオスカー・ワイルドは子供の時、父の病院にきた患者達から幾千の伝説を聞いた

アイリッシュ・アナーキストのオスカー・ワイルドは子供のとき、父の病院にきた患者達から幾千昔話を聞いた。 ワイルドの父親は眼医者。治療費が払えない貧しいアイリッシュの患者たちには、息子に昔話をひとつ聞かせてやって欲しいと言いました。ちなみに「 試験では愚か者が賢い人でも答えられない問題を出す」に関してですが、過去のビクトリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘーゲル法哲学、流行ってるのか?上から目線の重厚な声色で思想を語るか...いける、いける、よしいこう

所有即権利。だからたとえ公的な所有でも、図書館の所有が侵害されると、ヘーゲル的には私達は自身の権利が侵害されたと怒る。他方、これとは別に、土地や物や人格との結びつきでしか所有を考えられない法意識がある。まさしく、ネオリベ橋下がこれだ。例えば、図書館は、土地や物や人格の集合体でしかなく、誰かの人格に帰属する土地と物に過ぎない。と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国と中国の市民と日本の市民とが協力し合う時代がきた -日本側は領土ナショナリズムに振りまわされるな

主権国家はグローバル化した情報の網目とかかわっている。もはや国内問題は存在せずだ。「吠えズラかかせてやる」と石原犬は吠えても世界中の監視を遮断できない。狂犬は非難を受けずには1ミリも動けまい。私が心配なのは中国の人々のこと。中国政府がこの尖閣問題で民主化の声を封じ込めないだろうか。 思い出すのは、光州事件の芸術家、洪成潭さん (Hon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<言表主体>と<言表行為の主体>との混同とは、なにか? 簡単な解説

<言表主体>と<言表行為の主体>との混同、取違い。「クレタ人の嘘」の例が知られる。フーコ「外部の思考」によって展開された議論がある。現実と虚構とが境なく溶け合うそんな現実を取り扱う視点となる。政治家(ヒトラー)が俳優を真似、俳優(レーガン)が政治家を真似る世界のなかに、私達は生きている。 "視聴者のみなさん、番組を作るのはあなたで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワルキューレ」(MET)の感想 - メトロポリタン・オペラによる、ワグナー指輪の映画中継

「人々は服従している。言表の主体を言表行為の主体と取り違えるという特殊な状況の中でテレビを使用したり消費しているからである」。と、ドゥルーズは、テレビ司会者を指差す。"視聴者のみなさん、番組を作るのはあなたです!"。ワグナーのワルキューレ達も、その特殊な状況の中に生きていた。 戦場において死を定め、勝敗を決する女性的存在である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言語と社会  - 英語には男性語や女性語がない。日本語はある。これは社会的になにを意味するか?

日本語を教えたときこの問題に直面した。それは、日本語には、女性だけが喋る言葉、男性だけが喋る言葉があることだ。例えば、「です」の発音には男女間に違いがある。女性はdesuと言い、男性はdes-と言う。逆ではない。男性が「そうです」so-desu-と言うと、「キモイ」と排除を受ける。 文化的にマイノリティの言葉を保護・尊重する立場か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラインの黄金」(MET)の感想 - メトロポリタン・オペラによる、ワグナー指輪の映画中継

メトロポリタンオペラによる、ワグナー指輪の映画中継がはじまった。METは、保守的といわれる。たとえば、ウエリッシュのヴォーダンは、縁日のお祭りのおもちゃみたいなピカピカ光る超豪華な指輪をはめていたが、この米国の観客の即物的嗜好に答えたリアリズムに、思わず苦笑してしまった。ヨーロッパのオペラなら、支配を象徴する指輪に、核エネルギーの抽象的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

East End とはなにか?  ロンドン東部が語るユダヤ人達の歴史

オリンピックのメイン会場は、ロンドン東部、East Endと呼ばれる地域につくられました。East Endといえば、歴史的には、シティに住むことが許されないユダヤ人達が集住する場所でした。現在、至る所スラム化している地域で、実際にここに車も簡単に駐車することができませんでした。 20世紀初頭のドキュメント映画を観ますと、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more