言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALSO SPRACH OWLCATO ふくろ・ねこー、かく語り き  2011年四月  本多敬

<<   作成日時 : 2011/03/26 13:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




思想・哲学


・ロンドンのラビ曰く、ユダヤ人はどこの国でも生きる事ができる、教育を大事にするアイデンティティーさえ失わなければ必ず受け入れてくれる。他者と共存しようと。日本人の健康ファシズムは物理的死ばかり気にかけてきたが、女性、身障者、同性愛者、被災者を罵っては生きるに値しない事も考えるべきだ

・アナーキズムはアリストテレス的公共善を警戒するが、相違点よりも共通点を見出すべき状況だ。サンデルの正義論は社会連帯の意義を強調している。ゲーム論のマクシミル原理は、敵からの最大の害悪に備えて最小の最大を取れ!これでは、在日外国人を敵視して選挙権を与えない外国人嫌いの政治と同じだ


・ロールズの「正義」は、ウィットゲンシュタインの「ゲーム」と関係があると思う。正義は公正なゲームということができよう。「無知のヴェール」は「母国語を学んでいる子供」を喚起させる。そういう子供は、外国にいる異邦人の立場と同じだ。言葉は知るのではない。常に他者から学ぶのだー正義のように


・冤罪のケースで、例えば、仮にチャンピオンさんが無実なのに、有罪となり死刑判決が下るとしましょう。私は無実だと必死に言い続けるはずで、無実か無実でないかが全てであって、主張する真実が具体的か抽象的なのかは他人の頭の中だけの話と思うんじゃないんですか?

・裁判官にとって「A氏が無罪か有罪かは、どちらも真実である」ですが、冤罪の人には無実の真実しかありません。だからこそ質問する権利が重要と皆考えてきたと思います。公開の場での証拠と法の適用に対する質問。再審制度も。階層理論は質問の権利を処刑しています

・「ソクラテスの対話」は死刑を背景とした裁判でした。裁判官の視点はラッセルの文章と思考の様に、よく整理されて効率的なものです。被告ソクラテスの弁明は解釈を残す難解さを孕みます。哲学に質問の権利を要求しているかの様です。真の民主主義は後者と思いますね



・体制迎合主義の中心にいる「新人類」は、日本的ポストモダンの本を自分に都合よく読んだ。旧左翼のプロテスタント的倫理(オリエンタリズム的虫歯)から逃走し、ユダヤ的交通空間の知に戯れる人生に賭けた。アフリカ人が聞くと怒り出すよ。奴隷商品を扱った彼らの「売る立場」の歴史を正当化するのかと



1ロールズとウィットゲンシュタイン; 公正なゲームとしての正義Justice as game of faireness? ロールズは後期ウィットゲンシュタインの影響の下に、正義とはなにかと探求している。ロールズの「無知のヴェール」はウィットゲンシュタインの私的言語批判と関係する
2In justice as fairness, persons accept a principle of equal liberty and they do this without a knowledge of
their more particular ends (R)
3And is there not also the case where we play and -make up the rules as we go along? (W)公正としての正義は「契約」とロールズが呼ぶ思考実験。必然としての平等主義は、経験的な不確実性から生まれる


・メモ Tout est devenu simulacre.Car, par simulacre, nous ne devons pas entendre une simple imitation, mais bien plutôt l'acte par lequel l'idée même d'un modèle ou d'une position privilégiée se trouve contestée, renversée(Deleuze;La différence en elle-même) 言語ゲームの家族類似性(構造主義的二元論)への批判


・自由は、「言いたいことが言え、したいことが出来ること」か? それは余りにも浅い自由の概念。「きみの言いたいこと、したいこと」から自由でなければ、きみは自由ではない。今こそ、自律(=個人的・集団的自己統治)という意味での自由が求められている。


1カントにおいては、国家は、各人の私権を普遍的な法律の下で相互に保障するという目的の為に人間が締結した契約によって、政治社会として構成される。人間は理性的存在としてのhomo noumenon、しかし、契約の目的が経験的な公民的自立性に規定されている。ヘーゲルはカントの躓きをみた


・求め合う敵同士とは何か?「Inventing Ireland」の著者カイバードは、アイルランドを発明したのは英国だと主張した。強かに敵味方の境界線を相対化して主導権を握った。これに対して、「Inventing England」が英国で出版。アイルランドが英国を発明したと言い始めた・笑

・求め合う敵同士とは何か?ロンドンの友達の配管工でなくとも、パレスチナを敵とみなす愛国者なら誰も反駁したくなる。しかし、ユダヤ哲学の父マイモ二デスもアラビア語なくして思考できなかった。「鳥は卵から無理に出ようとする。卵は世界だ。生まれようとする者は、一つの世界を破壊せねばならない」

・1665年、スピノザはオランダ語で書き綴った。de taal, waar mee ik op gebrocht ben(子供の時の言葉で書ければ)。その言葉はラテン語と考えられてきたが、移民して来た祖父の言葉、ポルトガル語とする説も出てきた。マイモ二デスとスピノザの距離は近い!

・求め合う敵同士とは?「Inventing Ireland」のカイバードは、アイルランド文学を発明したのは英国人と主張した。強かに敵味方の境界線を相対化して主導権を握った。これに対して、「Inventing England」が英国で出版。アイルランド人が英国文学を発明したと応戦した

1「被災地、被災者救護に全力を〜小菅信子」を読みました。英語で簡単な感想文を書きました。
In fact some of victims can't understand their own situarion since 3.11.They have no idea at all.
2They cannot represent themselves,they must be represented. And narrative through mass-media exploits  these voiceless voice.
3The politician only speaks of the official "story of the victims" to fit to their view. This is the problem to   solve

・Many thanks for your kind translation and summary of what I tweeted yesterday. That's exactly what I meant!
(小菅信子氏)


・ゾロアスター教はZarathustraに関係した宗教だったね。神と悪魔の対決を強調した二元論は東欧キリスト教に影響を与えたらしい。西欧の教会は違う。「神様が、おいらのキャッシュカードの負債全部払ってくれてるのさ」的他力本願がカトリックで、「働くべし」の禅的規律がプロテスタントかな

・ツァラトゥストラの弟、「ツァラそうずら〜」と名乗る超人の説教です。「下山してみると、ひとり一万円の集団葬儀でぼろ儲けする寺の住職と、骨壷投機の商人とが、領収書を出す、出さないと大喧嘩していた。だから言ってやったよ。"ここが、ロドスだ、ここを踊れ"とな」。ふくろねこ「そうずら、か」



言葉・表現・本


French utopian socialism + English political economy + German idealist philosophy = 0
(K.MARX; on owlcato's saving passbook, Alas!)

Eureka = ∆ + ∆ + ∆ (Gauss' discovery***)



・ジョイスはシェーンべルグとストラヴィンスキーの実験前衛派の同級生!ウルフの様に描写力を重視した、最後の自然主義者でもあったFrom a bulge of window curtains a gramophone rears a battered brazen trunk卑猥スギル


・潮時ね・・そうだ、ジョイス「ユリシーズ」読みの実況中継しておかないと・・might have lost my life too with that mangongwheeltracktrolleyglarejuggernaut only for presence of mind

・mangongwheeltracktrolleyglarejuggernaut??ナ二呟いてるだろうな、このアイリッシュの親爺は!最後のjuggernautは、大酒飲みjuggerの洒落で、インド神話のジャガノート(Vishnu神の第8化神Krishna神の像)を示唆しているか?

・The way of uncontrollable mob of nuclear power presents an aspect of modern Frankenstein, emerging as Leviathan is never based on anything!

・ダヴィンチ曰く;Si come una giornata bene spesa dà lieto dormire, cosi una vita bene usata dà lieto morireよくすごした一日が安らかな眠りを与える様に、よく用いられた一生は安らかな死を与える


・ダブリン湾上空を旋回するカモメ達。それらの鳴き声でquoi, quoi, quoi「クワ、クワ、クワ」と発話するのは、デヴィットノリス(大統領候補の学者)だ。ジョイスの本質はここに存すると看破した。なに?なに?なに?と問い続ける、開かれた書物なのだ。デリダに褒められたそうだ・笑


・ワグネルと共にOverhoved,shrillgleescreaming.That song sang seaswans.The winging ones.Seahawk. seagull, curlew and plover, kestrel and capercallzie.All the birds of the sea they trolled out rightbold when they smacked the big kuss of Trustan with Usolde.(ジェイムス・ジョイス「フィネガンズウェイク」二部第4章から)

・Eureka = ∆ + ∆ + ∆ (Gauss' discovery***)



・枯れ草の/ 連帯いずこ / 自粛とて
・種散らせ / 灰散らすな / 花しずく
・風立ちぬ / ボランティアの / 若人よ
・買い控え / 民の樹育む / 分かち合い

αOh,dried grass_where is solidarity?_No more imposed restraint!
βScatter seeds_but not atomic dust _for flower's drop
γThe wind is coming _with the volunteer activities_of young people
δTo our common land_Stockpiling never_nurture people's tree


・ブライアン・フリール「トランスレーション」より
that is not the literal past, the "fact" of history, that shape us, but images of the past embodied in language...
We must never cease renewing those images;because once we do, we fossilise
(Brian Friel "Translations" 1980)




・ロンドン滞在中、ロールズ「正義論」を一ヶ月程立ち読みした。現在、東京の本屋で邦訳をやはり立ち読みしている。と、はっと思い出した。八十年代に英米法の教授から、「お前にはロールズが合っている、いつか必ず読み込む」と言われたことを。マクベスの魔女の預言みたいニャ。今日原書を買ったよ・笑

1All social values- liberty and opportunity, income and wealth, and the base of self-respect - are to be distributed equally毛沢東?ロールズのユートピアだ
2unless an unequal distribution of any, or all, of these values is to everyone's advantage不平等な格差は全員の為に役立つ場合に容認される。例、医者の給料を少し高くみとめた方が貧乏人にも有利


・スリリングに書く人は文体のリズムに通じた技量がありますが、所詮俗な職人技、思考を伴ないません。起承転結で書くと、四コマ漫画や週刊誌の憶測記事、川柳的な新聞の風刺の様な、即席料理になっちゃいそうですが、学術論文ですから、やはり読み手の気分を捉えることは困難か、と・笑

・アイルランドの歴史を知りたければ、フリールの戯曲「Translation」がグー。「我々は言語の中にある過去の姿というものを新たに作り出すことをやめてはいけないのだ。一度やめてしまうと、化石となってしまうからだ」。この芝居の台詞を教えたら、サーヤがうちもそうだと納得していたニャ


・Shimadaさんの徒然(つれづれ)写真はまさしく、そんな歓びを表現していますRT−>shimada_satoshi 空の鳥を見よ 野の花を見よ 何一つとして自粛などしてはおらぬ みな春を歌い喜んでいるではないか …ヌタイによる福音書 .

・同意。ケインズこそcool head & warm heart。ケインズ研究者を含めて日本の経済学者の多くは逆で、warm head & cool heart。統計資料をまわしてもらっている財務省に完全に首根っこを押さえられている感じですね~  

・「天罰」の亡霊が歩いているー「放射能犯罪国家」という新しい語彙で?合理的な常識は東京電力の企業体責任を問う。次に国の監督責任と政治家で、「一億層懺悔」の糾弾は起きない。外国を敵として煽る似非左巻きに用心!安易なステレオタイプではなく、豊かで複雑な関係を織り成す友情の事を考えたいが
・Wang Yunー> Takashi, i parents came from mainland China to Taiwan before 1949, they experienced the Japan-China war. and you have my support. no need to blame anyone. we'll start all over again.
・Takashi−>Wang, thank you so much for your words.It's really warmth. We have to get the trust of the people around us by stopping the irresponsible dumping at sea of radioactive waste.I think there are various misconception about the world opinion in Japan. Please allow me to quote some word of you for my Twitter's reader who think themseves very isolated...
・Wangー>takashi Yun go ahead・just save the earth for all the living things and things we thought they don't sense anything


・As well as showing that competitive free markets produce an optimal allocation of activity, economic theory points out that when the market is distorted, the allocation resulting is seldom optimal. Distortion arises wherever the activities of one group interfere with the possibilities of action of the other group. I really doubt that there has been the "free-market of thought and speech" between the nuclear power company and the peoples of antinuclear movement

・経済理論の指摘では、自由な競争市場が活動の最良の配分を生むという事と同時に、市場が歪められた時、その結果の配分が最良である事はまずない。ある集団の活動が別の集団の行動の可能性を妨害する所では、必ず歪みが生じる。電力会社と反原発の人々の間に、思想・言論の自由市場は存在しただろうか


KKKアナウンサー「しかし、知事、日本は原発核武装のような有様で、好んで侵略してくる国なんかありませんよ」知事「ある」。
KKKアナウンサー「ないです!」
知事「いや、ある!」
KKKアナウンサー「じゃ、どこですか?」
知事「ふくろねこ王国」
KKKアナウンサー「なんだかなー」


A skit
Kabbalahist was invited to the national emergency conference at the Tokyo Electric Power Company...then?
Kabbalahist;"Shem-Havaya, Shem-Adnut, hekhal..."
Chief cabinet secretary Edano asked; "What..what ?Translate it!"
Owl-cato;"Strange coincidence...3.11, the accident day, is very similar to pi. So let the robot picture a big cir...cle around the nuclear power generation."
Chief cabinet secretary Edano;Throw him out!!!!!!!!!"
Prime Minister Kan says;"Wait! If things go well..."

原発対策本部に招かれたのはカバラ師「Shem-Havaya, Shem-Adnut, hekhal」。通訳「3・11と円周率は似ているのは偶然ではない、ロボットに原発の周りに大きな円を描かせよ」。枝野長官「切れたよ、俺は!つまみだせ!」。菅総理「待て!!うまく行くかもしれない」

・英国滞在中に、原発周辺住民が他の地域と比べて癌等の発生率の大きい事実を統計的に明らかにして、BBCとガーディアン紙が取上げました。公的運輸とエネルギー部門は国有化すべきでは?


アート



・ベートーヴェンのポリフォニーは、これ以上ない文字通りの意味での和声信仰消滅の表現なのだ。彼のポリフォニーが示しているのは、疎外された世界の調性に他ならない。晩年の音楽の多くには、身振りを交えながら一人小声で呟く男の様な趣がある。通り抜けていった牛をめぐる挿話(シューマン、Aより)


・弦楽四重奏曲へ長調135−優美な襞といったものを飽き足らなく思う気持ちを表現すること、つまり古典主義全体性を課題とすることへの不満を表現することだが、ベートベンの発展はそうした所から生まれたのである(アドルノ)。ジョイスの文学も然り。差異の実存的反復と形容できる裂け目があるのだ


・ベートーヴェンの憤りは、全体の部分への優位ということと関係がある。いわば限定されたもの、有機的なものは撥ねつけるのだ。メロディーが低音で鳴る際には、それが全体でないために憤ったものとなる。音楽自体が有限であることに対する憤り。どの主題も、無くした小銭に対する憤りといったものだ。A


・それは「学者的な点」と「遊び人的な点」とが、一体化されているウィーン古典音楽が、まるで再度両極端をなす構成要素へと、分割されたかのように見える。つまり精神化されている対位法と、洗練されず、中へ取り込まれていない「民衆性」という両極端へ。(Adorno、ベートーベン音楽の哲学)


・九十年代以降にアートや文学の輸出が国策の様相を呈し、今日ポストモダン的オリエンタリズムの状況が席巻している。西欧は自分に都合のいい様に日本人を見る。この買い手の欲望に対応して、売り手は、コミュニケーション能力が無くアニメのキャラの如く自虐に陥る、空虚としての他者像の商品を売った


・西欧が自分に都合よく見る他者像ー川端や三島の文学、溝口や小津の映画、荒木の写真に至るまで、コミュニケーション能力が無く自虐に陥る、空虚としての他者像を商品として輸出してきた。現在は中国映画やオリンピック開会式。厄介な事に、右翼がそういう「日本人」像を利用してナショナリズムを煽る


「No more Hiroshima,No more Fukushima!」フェースブック友達のアイルランド人男性が芝公園デモの映像をみた。かれのメッセージは「再処理工場 - 六ヶ所村...just like セラフィールドin England.... please stop」

「No more Hiroshima,No more Fukushima!」フェースブック友達の香港人女性が芝公園デモの映像をみた。メッセージはPachamama (Mother Earth)!that taught me my Native American friends

「No more Hiroshima, no more Fukushima!」フェースブック友達のギリシャ人男性が芝公園デモの映像をみた。メッセージは No more hibakusha (被爆者)


芝公園デモのビデオ映像をみたフランス人女性の言葉。「日本のマスコミはどうした、一体どこにいるのか?」Dissimuler est la première nature de nos gouvernements et de nos entreprises「隠蔽は政府と企業の本質だ」

「No more Hiroshima, no more Fukushima!」フェースブック友達のフランス人男性が芝公園デモの映像をみた。メッセージは INDISPENSABLE de poursuivre votre action relayant les nôtres連帯だぜ


「No more Hiroshima, no more fukushima!」フェースブック友達のペルー人女性が芝公園デモの映像をみた。メッセージは. IT GONNA FIX IT I KNOW I HOPE WITH A BIG CHANGE INTO OURSELVE!

「No more Hiroshima, no more fukushima!」フェースブック友達のアメリカ人女性が芝公園デモの映像をみた。メッセージは We are with you.Thus same thing can happen anywhere in the world







映画・演劇


・身振りを交えながら一人小声で呟くのは、グレングールドか?否、ベートーヴェンだ。海のざわめきの中で散策した。そしてゴダール。「カルメン」の最後で弦楽四重奏曲へ長調135を引用した。商業映画の優美な襞といったものを飽き足らなく思う気持ちを表した。美、それは我々が耐えうる恐怖の始まり


・「日本沈没」のツィートを読んで、叔父と観た映画を思い出した。京大在学中、兵隊として中国に行った叔父。海底断層の説明をしてくれたが、私はむしろ、脱出する日本人をどこの国も受け入れてくれない話に関心があった。反日感情があった豪州で育ったからこそ、リアルに思えた。高田保馬の本が形見だ


・「小さな冒険旅行」1963。家の外へ迷い出た子供が東京中の名所を巡り無事家に辿り着くまでを描く。大島渚は建築労働者にオペラを歌わせているが、原案者の石原慎太郎はさぞ不快だったはず。憎しみは憎し返しによって増大され、また反対に愛によって除去される。大島は子供=石原に教え諭している!

・Barbarus hic ego sum quia non intelligor ulli
( I am a barbarian here because I am not understood by anyone )


Brian Friel "Translation";
Jimmy;I'm going to get married.
Hugh; Well!
Jimmy; At Christmas.
Hugh;Splendid.
...Jimmy;To Athene.
Who? /Jimmy; Pallas Athene.
Hugh;Glaukopis Athene?
Jimmy;Flashing-eyed, Hugh, flashing-eyed!
Hugh;The lady has assented ?- I assented.
Jimmy;The lady has assented - I assented
Hugh;Ah.When was this?
Jimmy;Last night
Hugh;What does her mother say?
Jimmy;Metis from Hellespont/Decent people-good stock.
Hugh;And her father?
Jimmy;I'm meeting Zeus tomorrow.Hugh, will you be my best man?
Hugh;Honoured, James;profoundly honoured.
Jimmy;you know what I'm looking for,Hugh,don't you?I mean to say-you know-I-I-I joke like the rest of them- you know? You know yourself, Hugh- don't you?-you know all that.But what I 'm really looking for, Hugh- what I really want- companionship, company, someone to talk.Away up in Beann na Gaoithe- you've no idea how lonely it is.Companionship-correct, Hugh? Correct?
Hugh;Correct

自然

・BBC; Levels of radioactive iodine in the sea near the Fukushima nuclear plant are 1,250 times higher than the safety limit,グリーンピースが放射能監視を始めた

・東電、作業員に汚染伝えず!?Anonymous and heroic cable-layers. They expose their life while the real responsibles of the situation are nowher原発と国民の関係の縮図だよ



身体


・大臣の(清潔な)作業服は、大衆受けを狙ったポナパリティズムの衣装? The Guardian;Fukushima's partial meltdown increases fears of contaminated seawater and soil部分的メルトダンと記述している




東京



・国連大学付近の本屋に行った後、表参道を通って渋谷まで歩いてみた。喫茶店の店員によると、この二週間客が殆ど来なかったそうだが、若い人で賑わっていた。家はもう飽きたと、外に出たいと人が多かったようだ。テレビはまるで何事も起きていないかの様な番組編成らしいが、街の人々もそんな感じだった


・週刊朝日の表紙見出し「日本は必ず復活する」。OK,it sounds good, but I ask which Japan?高度経済成長期の公害日本ならお断り。地球環境が発言する時代だ、一国のエゴで汚染は許されない。バブル期の日本から招待状が来ても直ぐにゴミ箱。社会連帯の時代だ

・「建屋、特殊布で覆う案−アメリカ参加の放射能対策(」朝日新聞)。「特殊布」って、「反原発」の接頭語「反」を覆った「脱」みたいじゃない!?隠れ原発推進派の自己欺瞞には付き合ってられないけどさ、大手マスコミと暗黙に共謀して、反対派の集会を「特殊布」で隠すことだけはやめてくださいねー

・「坊っちゃん」や三四郎は東条英機や山本五十六と同世代だった。大日本帝国の戦争指導部にいたのは「坊っちゃん」や三四郎の同輩達で、西欧コンプレックスと戦意高揚の世代だ。私の関心は、昭和三十年代の和辻哲郎の読者達がバブルの中心にいた官僚達だったこと。青春時代、国家総動員法のヒーロだった

・政府筋; they are no closer to resolving crisis as high level of radiation is detected in ocean 石原の「原発なければ東京なし!」と本音を語るド勇気に、世界の、どの国民が拍手すると思いますか?

・「放射能は安全」ですか!?二十年前某電力会社に就職した友人が、原子力保険、放射能汚染の事故を想定した保険制度の研究に取り込んでいましたが、事故は絶対に起きない、と、会社の中は戦中の思想統制と嘆いていました。実際には、幹部ですら原発の安全性を疑っていた様ですが

・親入社員「玄関前の連中が捕まりました。マスコミは64、ムシ」。課長「村八分か。まともな日本人なら支持しやしないさ」。新入社員「案外と、うちの人間が、反対派よアリガトーとツィッターしていたりして。ウッソー」。課長「研修は六ヶ所村で、うまい空気を吸ってくるか?」。親入社員「・・・」
・海外のマスコミは信頼できるか?英国コンプレックスの日本人に申し訳ないが、労働党のアフガン・イラクへの軍派遣を支持し続けたエコノミスト誌を私は信用できない。福島原発に関してはマトモなご意見placing too many reactors in the same place !?


・True.You can fool all the people some of the time, and some of the people all the time, but you can not fool all the people all of the time

・To the government and the TEP.Unfortunately we Japanese is always such a minority fooled forever, but all people abroad over the sea not so!

・「すべての人々をしばらくの間愚弄するとか、少数の人々を常にいつまでも愚弄することはできます。しかしすべての人々をいつまでも愚弄することはできません」(リンカーン)。残念ながら、私達日本人は常にいつまでも愚弄される少数者です。しかし、海の向こうのすべての人々はそうではありませんよ!


・同感!海外は日本人作業員の被爆を心配します。中国の劣悪な労働環境に同情の声は日本で起きなかったですRT@connieneko チェルノブイリの時もイタリアのパスタとか売れなかった/一工場の餃子だけで大騒ぎしていた日本が世界に「直ちに健康に影響を与えない」と言って通用するかどうか

・ボランティア活動の還元されない自発性と両立しない不純物は、学生自身が排除すべきと思います。他方、ダブリン補習校の時、駐在員がボランティアの言葉を乱用して準契約関係の実質を無視、滅私奉公させたがりました。ご褒美型干渉主義は低賃金就労を倫理化させる狙いアリ


・月曜朝は燃えるごみの回収日。選挙掲示板がごみ置き場の横にある。いつもだと、石原のポスターに向かってペッと唾を吐くのだが、今朝は杖をついたお婆ちゃんが見上げている。週刊誌の表紙みたいなケバケバシイさらし首写真に、なんの繋がりを感じるのかしら?ふくろねこは弱気、唾を飲み込んだよ・・

Big shame! Be home free!? Shintarō Ishihara is the governor of Tokyo since 1999, and tries to have the atomic power in Tokyo.It's nightmare
Ishihara is generally described as one of Japan's most prominent "far right" politicians. In Australia's ABC, he was called "Japan's Le Pen"
In reference to the 2011 Tōhoku Earthquake, Ishihara石原 said ; the disaster was 'punishment from heaven" because Japanese have become greedy

・共和国においては徳が必要であり、君主国においては名誉が必要であるように、専制政体の国においては「恐怖」が必要である(モンテスキュー)。東京は専制政体か?「石原氏は幅広い層から支持を受け、安定した戦い。自民支持層の7割を固めたほか、無党派層の支持も4割を超し」Big Shame!


・原発対策本部に招かれたのはカバラ師「Shem-Havaya, Shem-Adnut, hekhal」。通訳「3・11と円周率は似ているのは偶然ではない、ロボットに原発の周りに大きな円を描かせよ」。枝野長官「切れたよ、俺は!つまみだせ!」。菅総理「待て!!うまく行くかもしれない」


・「小さな冒険旅行」1963。家の外へ迷い出た子供が東京中の名所を巡り無事家に辿り着くまでを描く。大島渚は建築労働者にオペラを歌わせているが、原案者の石原慎太郎はさぞ不快だったはず。憎しみは憎し返しによって増大され、また反対に愛によって除去される。大島は子供=石原に教え諭している!


・映画のなかで、奥崎は、脱走を理由に処刑された同僚の霊の「お告げ」に従って、元上司の軍人に、人食いの事実を告白させ、謝罪を求めた。日本人特有の、謝罪?のパターンを繰り返すのかどうか。事実を隠してとぼけるー>仕方がなかったんだあ、と、泣くー>汚染水を海に棄てるのは権利だ、と、ひらきなおる


・芝公園は一時からデモなので、カメラを準備。アイルランドの「アイリッシュ・タイムズ」紙とイギリスの「ザ・ガーディアン」紙は、どんな小さなデモも、無視しなかった。必ず紙面で取り上げた。民主主義だから当たり前だ。後者は、G20のデモのとき、予定されている集会場所を、地図入りで伝えていた


・2009互酬性原理に基づく氏族社会では、贈与が贈与された者を拘束します。謝罪は未開社会における贈与と同じ性質。謝罪を受けた者は贈与を受けた状態になると考えます。同様に、日本の戦争放棄も謝罪であり、軍事力の一方的贈与です。9条を実行に映せば全世界が武力放棄するはず

・野党時代の菅氏は派遣村を年末に訪問しましたね。原発災害でお偉方さん達が謝罪を模倣して、フレンチカンカンの踊り子が足を揃えるが如く頭を垂れていますが、日本人は謝罪ができません。だから、どんなに叩かれても、謝罪できる菅には力があるんだと思います、日本人には

・ 厚生大臣の時の謝罪がなければ、民主党の時代も到来しなかったと私は思います。公害企業は絶対に謝らないし、国の真似をしているんだと思いますが。外国での経験ですが、謝罪すると、友達がパーと増えちゃったりするんです。想定外?の主導権を持ち、大きな変化が起きます

・謝罪は力なり。大きな力を引き出す、人間的な現象だと思う。英国には謝罪の文化が存在する。BBCが謝罪を求めた、IRAのマックギネス(平和デモの市民を無差別に発砲・殺害した英国に対して、爆破テロで応戦した)。それと、ブレアー首相(大量殺戮兵器があると嘘をついてイラク侵略を正当化した)


・芝公園デモの映像をFbで公開しており、色々な国の人々からメッセージが届く。今日は、イタリア人の女性だ;  You Japaneese must do any effort to speak up and let the world the truth. We are by you!

・芝公園ー>銀座ー>東電本社ー>東京駅、と、デモ行進した。道の脇とはいえ、商店街区域に入って、街頭の人々に呼びかけることができた。外国のデモ行進でも、銀座の様な、中心的な商店街区域の通過は許可されない。交通秩序維持(道交法)は建前。権力は、民衆の外部への影響力を遮断・封殺したいのだ




外国


・脱原発は視野に入れるべきです。しかし、「反原発VS原発推進」という二項対立的な議論では、十分にとらえきれない問題があります。たとえば、リアルな原発の姿、構造のなかの原発、安全性の問題、現場への苛酷なしわ寄せ、エネルギー植民地としての福島(地方)の問題などなど。この連続ツイートをしめくくるにあたって、私は、かさねて、@脱原発を視野にいれた、原子炉・原子力をめぐるな学術論争の促進、A専門家でない者たちの、この問題への持続的な関心の維持の重要性を、専門外の一研究者として、原子炉・原子力研究者のかたがた、そして報道に呼びかけます。

・三月の地震のときよりも、揺れ動きました。「エネルギー植民地」は、新しい視点を切り開くと思います。専門家でない者たちの、この問題への持続的な関心の切り口となります。

・アイルランドは、英国の産業革命以来、都市工場労働者に食料を供給してきた。英国からの独立を決意させたのが、十九世紀のジャガイモ胴枯れ病による大飢餓だ。彼らが怒ったのは、英国が食料備蓄を全くしていなかったことだ。福島の住民のことを考えよう。国と東電は十分な避難所を設けていただろうか?

・大飢餓の為に人口の三分一が餓死したり、海外移民として国外へ出た。残留小作農は税金が払えず、強制立退きが英国軍によって行われた。公正な課税という口実で陸地測量が実地されたが、高い課税が課せられた。こういう歴史が、科学的事実といえども額面通り受け取らないアイルランド人の態度を形成した




・誕生日と重なっているから試験日を変えて下さいと頼んできた学生にブチッと切れたら、あなたは日本人です。国立大学のアイルランド人のお偉方は「大変だ、彼の為に一日特別試験日を設けろ」と命じて来た。誕生日はsociability社交性を重んじる文化にとって一番大切な日だから、と。ドーン

・前回の話のポイントは、アイルランド人の十八番?flexibility柔軟性に関係したことなのだ。日本人が自らの長所と思っている、coherency一糸乱れぬ協調性は、彼らがみると、軍国主義の規律主義の欠点に過ぎない。日本人が努力すればするほど友達を失う理由は、このギャップに存する

・北のラテン気質?アイルランド的柔軟性は米国人には堪え難い;こんないい加減な国から先祖が来たとは信じられないと。英国とのシビアな闘いの中で埋め込まれたDNAなのだ。coherency一糸乱れぬ協調性「へ」は行かない。支配されるから。街中の公衆時計「も」ズレていて、相対性理論「か」


・「福島」効果で緑の党が躍進!German Greens hail state victory in vote overshadowed by Fukushima 八十年代に、For Begginers「反原発」がドイツの高校副教材として使われた事を知り、買って読んだ記憶が蘇った

・アイルランドの最初の一年は、大学の講義に出席させてもらって、ポストコロニアリズムのメディア研究を学びました。日本ならばどう考えるべきか思案中。敬愛する溝口や小津へのノスタルジーを捨てて、ですね。フェイスブックのアジア人達は大きな関心を示しますね

・インドネシア華僑系の物書きの友達によると、植民地時代にオランダと日本が持ち込んだ「清潔」の文化が「微かな黒い通奏低音」を響かせているとのこと。若い女性達が「傷もの」になってはいけないと性交渉を拒む結果、欲求不満の男性達が娼婦街に溢れているそうです!


無用なもの・役に立たないもの・分類できないもの



・原発の制御不可能な暴徒ぶりは、現代のフランケンシュタイン的様相を呈している。単数形の似非ー開発独裁のもとであれ、複数形のオール与党のもとであれ、原発は、ゲーデル不完全性定理の導出の様に、構成的に産出された。息吹を与えられると、国家と同様、何者にも根拠づけられない人格として現れる


・KKKアナウンサー「節電モードで放送時間を二割に減らしています。今朝原発保安官は格納容器損傷の可能性を示唆しました。念の為、風評被害を避けるべく政府検閲モードで放送します」。保安官「物語27645」。記者「質問9467」。保安官「物語666(笑)」。KKKアナウンサー「放送終了」


・惰性と怠慢と無気力の「へもか記事」は、時間が経てば発表される内容を先にキャッチし先取り的に記事にしたものである。文例1ー復興「へ」。自民党躊躇「も」。大政翼賛会「へもか」党、結成「か」。文例2ー星飛馬編集委員、布団「へ」。タイガー直人拒むふり「も」。本当に寝癖の取材「か」


・MEMO;日本的ポピュリズムの定義「手法や言動の特異性からマスメディアの注目度が高く、大衆的な人気を有する胡散臭い政治家。例、小泉、石原」。要素を列挙すると、α似非−反エリ−ト、β"ふつう"である(ふりをする)こと、γヒロイズム的な善悪二元論、δ似非リーダーシップ、ε直接性の幻想


・新聞記者は現代物理学を勉強して!傍で観察している第三者の観察は当事者のセックスに影響を与えるという不確定性原理のこと。マスコミは中立ではあり得ない。中立的客観性を装った体制迎合主義的なマスコミ。「東京では、自民、公明両党の実質支援を受ける現職石原慎太郎氏が安定した戦いを進め・・」


・フェースブックは色々な人がいるから、多種多様な立場を考慮して、思慮深く慎重に書いているつもりだ。文法的に正しくとも妥当性欠いた表現は立入り禁止!日本語で書くツイッターの気楽さは無いが、利用者の大半がネイティヴスピーカー(英語母国語者)ではないし、お互い様だろう。学ぶ楽しさが優る



・alors toi / toujours, souviens - toi / de ce qu'un jour / moi / j'ai écrit / pensant à toi
そんなときは、思い出して/ いつか書いた、わたしの手紙を/ あなたのことを思いながら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ALSO SPRACH OWLCATO ふくろ・ねこー、かく語り き  2011年四月  本多敬  言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる