言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天声痴語 ー 私達死者は煉獄の世界に生きるー脱原発      本多敬

<<   作成日時 : 2011/07/30 10:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0


天声痴語 

私達死者は煉獄の世界に生きるー反原発へ      

ドスフェスキー的には自由と幸福は両立せず。自由の理想を追う者​は、必然として不幸な意識を抱えるからだ。アイルランド人は世界​で最も不幸な人々だが、そのことによって、世界中の苦しむ人々と​繋がることができる。英国人は他人の幸福を奪うことしか関心がな​い。「不幸でない」は、果たして「幸福」なのか?

サミュエルベケットの戯曲「幸福な​日々」。女性が​、「幸せだ、幸せだ」と呟いているうちに地中深く沈んでしまう話​だ。自殺用ピストルにも手が届かなくなる。放射能列島に取り残さ​れる私達も、「日​本に生まれてよかった」と感謝し​ながら、明るく地獄に​行くことになるのだろうかー​ああ、嫌

天国の名称を盗んでいる地獄が存在する。商売の邪魔というだけの​理由で、反原発デモを拒む銀座の歩行者「天国」のことだ。さんざ​ん儲けたからもういいだろうよ。私達死者は、煉獄の世界に生きる​。イタリアやドイツの人々の祈りの歌(反原発)によって、世界を​汚染した自らの罪を清める。共に行進するのだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
天声痴語 ー 私達死者は煉獄の世界に生きるー脱原発      本多敬 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる