言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィットゲンシュタインの哲学とアルトーの詩、ジョイスの文学に、マルチチュード的な特徴のすべてがある

<<   作成日時 : 2012/06/20 02:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0



mobility, flexibility, precarity

ウィットゲンシュタインの哲学とアルトーの詩に、そしてジョイスの文学に、multitude、マルチチュード的な特徴のすべてがある。mobilityとflexibilityは、身体の介入によって"不動でありながら絶えず動く"思考の柔軟な運動性のこと。precarityは、up to down,それゆえに、内在性の中の超越性の如き越境性である。いずれにしても、ネグリ的には、マルチチュード的なものは、定住的で終身雇用的なものではない。むしろ、色々な能力を身につけることを喜びとする遊牧民的で無職的ものといえようか、ちなみに、ジョイスの造語こそは、マルチチュードの真髄なり。天に御座す超越的な観念を、身体が属す世俗世界に引きずり降ろす、思考の柔軟な運動性が働く。例えば、dainticalという造語は、即ち、alike or identical in delicateness and daintiness。つまり、これは、契約によって結ばれた神と人間の"類似性"を嘲笑う灰色の言葉。結局、上流階級が独占している神聖な観念("類似性"、"同一性")の胡散臭さを、地上界から暴露している。こうして結局、マルチチュード的なものは、ジョイス文学において、越境性であり侵犯性である。だから、マルチチュード的なものは、他なるものに誘われてやまない人間的なものへの比類なき愛の大きさに他ならない。このような愛は、哲学のタブーどころか、哲学の核心に位置している。命懸けか、命懸けでないかは別として、飛躍には愛が欠かせない。故にマルチチュードは君を呼ぶー愛を畏れるなかれ!


Multitude - mobility, flexibility, precarity

1,We understand the metropolis instead as the inorganic body, that is, the body without organs of the multitude . "Nature"", Marx writes, in a passage the inspired Deleuze and Guattari, "is man's inorganic body - that is to say, nature insofar as it is not the human body." Nature constitutes the wealth of the common that is the basis of creative human activity. The common that serves as basis for biopolitical production, is not so much the "natural common" embedded in the material elements of land, minerals, water, andgas, but the "artificial common" that resides in language, images, knowledge, affects, codes, habits, and practice.
2,Joyce's writing , as making the common, is activity itself, dependent on a kind of multitude that is mobility, flexibility, precarity, unremittingly devoted to the deterritorialzation and the self-imposed exile that stands as a marginal figure outside the comforts of privilege, power, being-at-homeness...
For example, his coined word "daintical" consits of multitude; alike or identical in delicateness and daintiness. The word "daintical"is mocking the hypocrisy telling love of the same, love of the sameness and identity represented in contract between God and man. who make contract.
3,From the standpoint of multitude,family, race, and nation, then, which are corrupt of the common, are unsurprisingly the basis of corrupt forms of love. Only wasp-orchid love, in becoming the other, is a model of the production of subjectivity that animate the biopolitical economy. What means Joyce's Ulysses and Finnegans wake "the people book" means that it is nothing but multitude




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ウィットゲンシュタインの哲学とアルトーの詩、ジョイスの文学に、マルチチュード的な特徴のすべてがある 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる