言葉と表現と射影のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Study on 「THE FREEDOM OF THE CITY」(BY BRIAN FRIEL

<<   作成日時 : 2014/02/19 01:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0




かくもおさまらない、スポーツに熱狂する愛国主義が、新聞等のマスコミから言葉の魂を追放しているという現実は、なんと形容したらよいだろうか?どうにも止まらない、解釈改憲の横暴に気がつかさせないためには、戦前に行われた検閲みたいに特に黒く塗りつぶす必要もなかったみたい...




Irex latifolia is the tree in the garden of Zen temple (Nanzen-ji). The medieval men could write letter on the back of the leaf. The priest wrote a sutra, and samurais wrote a letter.
タラヨウ(多羅葉)の木はモチノキ科で、葉の裏に文字を書く事ができ、僧侶はお経を書いたり、武士たちが手紙を書きました



(SKINNER opens the book.)
LILY; Give us the pen. What do I write ?
SKINNER; Just your name. There.
LILIY; 'Looking forward to a return visit.' That's it - you know-nice and ladylike. They'll think I have a quare cheek on me, won't they? What are you putting down ?
SKINNER; My name
LILY; But over at the side ?
SKINNER; 'Freeman of the city'
LILIY; Sure that means nothing.
SKINNER; I suppose you're right, Liliy

-「THE FREEDOM OF THE CITY」(BY BRIAN FRIEL 1973)

― <ヤセ>は名簿を開けるー
リリー; ペンを貸して。何て書こうかしら?
<ヤセ>; あんたの名前だけ書いておけばいい。そこに。
リリー; 「再訪を楽しみにしています。」これよ、ねえ。淑女風で素敵でしょう。
みんな、あたしのこと、妙に度胸があるって思うよね?何書いてるの?
<ヤセ>;俺の名前
リリー; でもその横には?
<ヤセ>;「自由市民」って。
リリー; なんの意味もないわね
<ヤセ>; あんたの言う通りかもしれない

ーフリールの戯曲 '都市の自由'「THE FREEDOM OF THE CITY」(1973)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Study on 「THE FREEDOM OF THE CITY」(BY BRIAN FRIEL 言葉と表現と射影のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる